サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!

サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!

サーバーエンジニアの将来性は、人によって大きく違いが生まれます。

理由としては、サーバーエンジニアの需要に変化が現れていることが挙げられます。

このページでは、変わりゆくサーバーエンジニアの需要の中で、将来性を明るくする方法を徹底解説しています!

今後のサーバーエンジニアに求められるスキルは何なのか、取るべき対策はどのようなものなのかを知りたい方は必見です!

サーバーエンジニアの将来性を考えるために必要な4要素

サーバーエンジニアの将来性は、堅実な需要を維持すると考えられています。

しかし、確実に将来性が安定しているというわけではありません。

動き方によっては、サーバーエンジニアとして働くことが難しくなります。

サーバーエンジニアの将来性を考えるにあたって考慮するべき要素は、以下のとおりです。

  • サーバー管理だけでは将来性がない
  • クラウド化や仮想化が年々進んでいる
  • サーバーレスが浸透しつつある
  • サーバーエンジニアのキャリアパスが多様化している

サーバーエンジニアの将来性を考えるにあたっては、これらの要素を加味しなくてはなりません。

今後サーバーエンジニアとして活躍するのであれば、確実に押さえておきましょう。

サーバー管理だけでは将来性がない

サーバーエンジニアは、「サーバー技術者」とも呼称されるように、インターネットが動作するために欠かせない、サーバーに関する全般のスキルを持ったエンジニアです。

しかし、サーバーそのものの需要は、年々減少の一途をたどっているのです。

理由としては、サーバーに替わってクラウドが台頭しつつあることが挙げられます。

サーバーからクラウドに移行する企業が増えつつあることで、サーバーエンジニア本来の仕事であったサーバー開発や管理の需要は、徐々に減少しているのです。

クラウド化や仮想化が年々進んでいる

クラウド化や仮想化が年々進んでいることも、サーバーエンジニアが将来性を考えるにあたって考慮しておくべき要素の一つです。

サーバーに替わってクラウド化や仮想化が進むと、サーバーエンジニアの本来の業務であるサーバー設計・構築・運用の仕事がなくなることになります。

完全にクラウド化すると、サーバー機器を設置する必要がなくなるため、今後はクラウドにも対応できるサーバーエンジニアの需要が高まっていきます。

将来性を考えるのであれば、クラウド化や仮想化にいち早く対応できるようにしておかなくてはならないのです。

サーバーレスが浸透しつつある

サーバーレスが浸透しつつあることも、サーバーエンジニアの将来性を考えるにあたって重要な要素です。

クラウド化が進行するとともに、クラウドと比較して運用コストの高いサーバーを使用する企業が減ったことは、前述したとおりです。

その流れを受け、サーバーレスの風潮が浸透しつつあります。

サーバーレスの風潮が進むと、サーバーの開発業務はなくなります。

つまり、本来のサーバーエンジニアとしての業務の需要がなくなるのです。

そのため、サーバーレスの風潮の存在は、サーバーエンジニアが憂慮するべき要素の一つであるといえるのです。

サーバーエンジニアのキャリアパスが多様化している

サーバーエンジニアのキャリアパスは多様化しています。

専門性を高めてスペシャリストになるのか、他の職種へのジョブチェンジをするのかなど、キャリアパスは昔と比較して多くなりました。

そのため、今後はサーバーエンジニア一本で仕事をするエンジニアは減少すると考えられます。

数あるスキルセットの一つとして、サーバーエンジニアのスキルを持つことが主流となるでしょう。

サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します

サーバーエンジニアの将来性はクラウドスキルの有無が明暗を分ける

サーバーエンジニアの将来性は、クラウドスキルの有無が明暗をわけるとされています。

これまでサーバーエンジニアの仕事とされていたサーバー設計や構築、運用の業務の需要は減ります。

その代わり、クラウドに関する業務の需要が高まり、その業務がサーバーエンジニアに任されることが多くなるのです。

そのため、今のうちからクラウドのスキルを身につけておくことで、サーバーエンジニアとしての明るい将来性を見込むことができるのです。

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を徹底解説!即戦力になるスキルセットとは?

サーバーエンジニアとしての将来性を明るくするためにやるべきこと

ここからは、サーバーエンジニアとしての将来を明るくするためにやるべきことを解説していきます。

サーバーエンジニアとしての将来を明るくするためにやるべきことは、主に3つです。

  • クラウドスキルを身につける
  • コンテナオーケストレーションに対応できるようにする
  • セキュリティに関するスキルを身につける

サーバーエンジニアの将来性は、その需要を変えつつ、堅実な明るさを維持します。

しかし、その将来性を明るくするためには、新しい需要に対応できるスキルが必要となるのです。

そのため、今のうちからスキルアップを目指し、今後求められる知識やスキルを習得しておくことをおすすめします。

クラウドスキルを身につける

クラウド化の進行にあたり、サーバーエンジニアはクラウドスキルを身につけましょう。

今後、サーバーエンジニアに求められる仕事は、サーバー管理よりもクラウド管理の業務が多くなります。

そのため、できるだけ早いうちからクラウド化に対応できるスキルを身につけておくことが重要なのです。

特に、代表的なクラウドプロバイダーに対応できることは、今後のサーバーエンジニアの絶対条件です。

  • AWS
  • Azure
  • Google Cloud Platform(GCP)

などの主要起動は一通り理解した上で、クライアントにマッチしたクラウドを選択できるようにしましょう。

コンテナオーケストレーションに対応できるようにする

コンテナオーケストレーションに対応できるようにすることも、今後のサーバーエンジニアには重要です。

コンテナとは、アプリケーションの実行基盤そのものを仮想化して提供する技術です。

コンテナを活用することができれば、アプリケーションの実行基盤をこれまで以上にスピーディに用意することができます。

今後、様々な業務を担うことになるであろうサーバーエンジニアには、複数のコンテナを一括して管理できる、コンテナオーケストレーションのスキルを習得しておくことをおすすめします。

セキュリティに関するスキルを身につける

セキュリティに関するスキルを身につけることは、今もこれからもサーバーエンジニアに求められる、重要なスキルであるといえます。

サーバーエンジニアが担当するサーバーやクラウドの管理は、膨大なデータを管理することになります。

そのため、それらの情報を外部から守るためのセキュリティスキルは、サーバーエンジニアに必ず求められるスキルなのです。

そのため、今後もセキュリティに関するスキルを磨いていくことが重要なポイントとなります。

サーバーエンジニアの将来性は明るいが、需要は変わる

サーバーエンジニアの需要は変化しつつ、将来性は明るいです。

しかし、今後大きく変化していくであろうサーバーエンジニアの需要に対応できない人の将来性は、決して明るいものであるとはいえません。

そのため、今後はどのようなスキルが大きな需要を持つのかなどを常に気にかけておくことで、サーバーエンジニアとして生き残っていくことができます。

変化にいち早く気づき、対応することができれば、サーバーエンジニアとしての将来は明るいものになるでしょう。

関連する他の記事

サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します
サーバーエンジニアのキャリアパスは、多種多様です。業務の特性上、様々な選択肢を手にすることができま…
未経験からサーバーエンジニアになる方法を徹底解説!
サーバーエンジニアは、未経験者でも比較的挑戦しやすいエンジニア職です。未経験者でも参入する方法は多…
サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?
サーバーエンジニアは、資格を取得することでキャリアアップを目指すことができます。そのため、一つでも…
サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを徹底解説!
サーバーエンジニアとネットワークエンジニアは、エンジニア職の中でも混同されやすい職種です。しかし、…