サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?

サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?

サーバーエンジニアは、資格を取得することでキャリアアップを目指すことができます。

そのため、一つでも多くの資格を取得することが、サーバーエンジニアに課せられた至上命題なのです。

このページでは、サーバーエンジニアが取得するべき7つの資格を徹底解説しています!

キャリアアップしたいサーバーエンジニアや、サーバーエンジニアに挑戦したい人は必見の内容です!

サーバーエンジニアが取るべき資格は7つ

サーバーエンジニアが取得するべき資格は、主に7つです。

  • マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • Cisco Certified Network Associate(CCNA)
  • Cisco Certified Network Professional(CCNP)
  • International Technology Infrastructure Library(ITIL)
  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
  • Red Hat認定システム管理者

サーバーエンジニアは、これらの資格を一つでも多く取得しておくことで、サーバーエンジニアとしての自身の価値を高めることができます。

そのため、サーバーエンジニアとしてスキルアップを目指したい人は、これらの資格を優先的に取得するようにしましょう。

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)

マイクロソフト認定資格プログラムとは、Microsoft社が提供している試験です。

Microsoft社が提供する製品に対する知識と技能を認定する試験で、非常に人気のある資格になっています。

受験者は日本人にとどまらず、世界中で受験されています。

全世界に通用し、資格としての権威性も非常に高いため、サーバーエンジニアは取得しておくべき資格であるといえます。

マイクロソフト認定資格プログラムはレベルごとに分けられており、自分のスキルを詳細に証明することができます。

難易度が高くなればなるほど取得も難しくなりますが、その分、サーバーエンジニアとしての武器になります。

マイクロソフト認定資格プログラムは、サーバーエンジニアが取得しておきたい資格の筆頭なのです。

マイクロソフト認定ソリューションエキスパート

いくつかあるマイクロソフト認定資格プログラムのなかでも、マイクロソフト認定ソリューションエキスパートは、サーバーエンジニアが取得することを強くおすすめします。

マイクロソフト認定ソリューションエキスパートは、マイクロソフト認定資格プログラムのなかでも上位にあたる資格で、Windows OSやWindows Serverを使ったシステム設計や実装のスキルを求められます。

中・大規模なシステム開発に携わったという経験が必須で、実力のあるサーバーエンジニアのみが取得に挑戦できます。

マイクロソフト認定ソリューションエキスパートの資格を取得するためには、必須科目6科目と選択科目1科目の受験が必要です。

多岐にわたるスキルや知識が求められるため、その分サーバーエンジニアとしての高いスキルを証明することができます。

Linux技術者認定試験(LPIC)

Linux技術者認定試験とは、OSの一種であるLinuxを使った技術者としてのスキルを証明する資格です。

カナダに本部を置いているNPO法人、「Linux技術者認定機関(LPI)」が運営しています。

日本の試験は、LPIの日本支部が運営をおこなっています。

Linux技術者認定試験の受験者数は全世界で50万人を超えており、認定者も20万人近くに上ります。

Linuxのスキルを客観的に評価されるため、全世界の技術者が認定を受けるために受験しています。

また、Linux技術者認定試験を受験すると、試験対策を通じてLinuxに関する知識を一通り身につけることができます。

そのため、OSに関わる作業をすることが多いサーバーエンジニアにとって、Linux技術者認定試験は確実に取得しておきたい資格の一つなのです。

Cisco Certified Network Associate(CCNA)

Cisco Certified Network Associateは、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるCisco Systems社が運営している、ネットワークエンジニアとしての技能を証明する資格です。

Cisco社が提供する製品に関するスキルを証明するものでもあります。

サーバーエンジニアはネットワークエンジニアと仕事が似ているということもあり、ネットワークエンジニア向けの資格であるCisco Certified Network Associateを取得するサーバーエンジニアも少なくありません。

最近では受験者数も急増しており、IT業界での注目度も年々高まってきています。

そのため、今後サーバーエンジニアとして活躍していくためには、Cisco Certified Network Associateが必携の資格になる可能性は低くないでしょう。

Cisco Certified Network Professional(CCNP)

Cisco Certified Network Professionalは、Cisco Certified Network Associateの上位互換の資格で、より専門性の高いスキルを証明する資格です。

ある程度経験を積んだネットワークエンジニアやサーバーエンジニアが取得を目指しています。

Cisco Certified Network ProfessionalもCisco Systems社が運営しており、ネットワークエンジニアの間では最も有名な資格の一つとされています。

Cisco Certified Network Professionalを取得することで、

  • 大規模ネットワークの導入
  • 大規模ネットワークの運用
  • 大規模ネットワークの保守・メンテナンス

などのスキルを証明することができます。

そのため、Cisco Certified Network Professionalを取得するエンジニアはネットワークエンジニアにとどまらず、サーバーエンジニアもこぞって取得を目指しているのです。

Cisco Certified Network Professionalを取得することでサーバーエンジニアとしてだけではなく、ネットワークエンジニアとしてのスキルも証明することができます。

そのため、スキルアップをしたいサーバーエンジニアはぜひ取得をしておきたい資格の一つです。

Information Technology Infrastructure Library(ITIL)

Information Technology Infrastructure LibraryはITILと称されている、ガイドラインの理解度を認定する資格です。

ITILはサービスマネジメントの成功事例を体系的に構成し、ITシステムのライフサイクルマネジメントを示したガイドラインのことです。

内容としてはエンジニア向けではなくビジネス向けですが、サーバーエンジニアは理解をしておいて損がありません。

幅広いITスキルを身につけることができるため、サーバーエンジニアにもInformation Technology Infrastructure Libraryを取得することをおすすめします。

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験は、ITエンジニアとしてのキャリアを進めるために取得しておくべき資格です。

エンジニアとしての基礎的なスキル・応用的なスキルを証明するものになるため、サーバーエンジニアとして働くのであれば確実に取得しておきたい資格の一つです。

特に基本情報技術者試験は、IT業界への入門に役立つ資格です。

国家試験ということも相重なり、世間からの認知度も非常に高くなっています。

そのため、サーバーエンジニアとしてではなく、そもそもITエンジニアとしてのスキルを証明するための資格が、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験なのです。

Red Hat認定システム管理者

Red Hat認定システム管理者は、Linux技術者としてのスキルを証明する資格です。

運営は、Linuxディストリビューションの一つであるRed Hatを販売している、Red Hat社です。

Red Hatも世界的にメジャーなOSの一つとされているため、時間があればサーバーエンジニアも取得しておきたい資格の一つです。

特にRed Hatを扱えるサーバーエンジニアの数は多くないため、資格を取得するだけで差別化を図ることも可能です。

そのため、サーバーエンジニアにこそRed Hat認定システム管理者の資格を取得することをおすすめします。

サーバーエンジニアが資格を取得するべき3つの理由

サーバーエンジニアが資格を取得するべき理由は、大きく分けて3つあります。

  • 社会的信用が得られる
  • 収入アップにつながる
  • 自分のスキルの現在位置が分かる

サーバーエンジニアは、資格を一つでも多く取得することで、自分のスキルを証明することができます。

そのスキルの証明の結果、社会的信用や収入額の向上につながるのです。

また、その時点での自分のスキルレベルを把握することもできるため、サーバーエンジニアにとって資格の取得は必須なのです。

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を徹底解説!即戦力になるスキルセットとは?

資格取得がサーバーエンジニアのキャリアアップにつながる

サーバーエンジニアは、一つでも多くの資格を取得することで、自身のキャリアアップを望むことができます。

そのため、サーバーエンジニアは一つでも多くの資格を取得しておくべきなのです。

しかし、闇雲に何でも取れば良いというわけではありません。

あくまでサーバーエンジニアとして武器になる資格に照準を合わせて取得することで、はじめてキャリアアップにつながります。

そのため、サーバーエンジニアはこのページで紹介した資格を一つでも多く取得することを目指しましょう!

サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します

関連する他の記事

サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!
サーバーエンジニアの将来性は、人によって大きく違いが生まれます。理由としては、サーバーエンジニアの…
サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?
サーバーエンジニアは、資格を取得することでキャリアアップを目指すことができます。そのため、一つでも…
サーバーエンジニアの仕事はきつい?7つの辛い理由を徹底解説!
サーバーエンジニアは、一般的に「きつい」と思われがちな職種です。しかし、サーバーエンジニアがきつい…
サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを徹底解説!
サーバーエンジニアとネットワークエンジニアは、エンジニア職の中でも混同されやすい職種です。しかし、…