未経験からサーバーエンジニアになる方法を徹底解説!

未経験からサーバーエンジニアになる方法を徹底解説!

サーバーエンジニアは、未経験者でも比較的挑戦しやすいエンジニア職です。

未経験者でも参入する方法は多くあるため、未経験者に対して門が開かれているのが特徴です。

このページでは、未経験者がサーバーエンジニアになるために知っておくべき知識を解説しています。

サーバーエンジニアを目指している未経験者は必見の内容です!

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアの仕事内容は大きく分けて3つです。

  • サーバーの設計業務
  • サーバーの構築業務
  • サーバーの運用・保守業務

サーバーエンジニアは「サーバー管理者」とも呼ばれるように、インターネットに欠かせないサーバーを開発したり、管理したりするエンジニア職です。

そのため、サーバーエンジニアの仕事内容は、サーバーの開発から保守に至るまでの一連の作業になります。

もともと業務内容の範囲が広くないため、未経験者でも参入しやすいのがサーバーエンジニアの特徴です。

サーバーエンジニアとは?仕事内容とサーバー技術者になるための基礎知識

サーバーの設計業務

サーバーエンジニアの業務は、サーバーの設計から始まります。

クライアントのニーズに合わせて、必要なサーバーの数や性能などを設計します。

それに伴い、開発をするにあたって使用するミドルウェアやOSもサーバーエンジニアが決めます。

また、サーバーは24時間365日稼働し続けなくてはならないものであるため、想定されるサーバー障害と、その対応もサーバー設計の時点で想定します。

そのため、ただサーバーを設計するスキルだけではなく、リスクヘッジのスキルも求められるのです。

サーバーの構築業務

サーバーの設計が終了したら、次はサーバーの構築業務に移ります。

事前に設計したサーバーの設計書をもとに、指定のミドルウェアやOSをインストールすることから構築を開始します。

少しのズレが大きな障害を生む可能性があるのが、サーバー構築の怖いところです。

そのため、迅速かつ丁寧にサーバーを構築できるスキルが求められます。

サーバーの運用・保守業務

サーバーエンジニアの仕事は、サーバーを構築して終わりではありません。

設計して構築したサーバーの運用と保守業務も、サーバーエンジニアの仕事です。

サーバーは24時間365日、休まずに稼働し続けます。

日常的なサーバーの監視作業は専門のオペレーターに任せることができますが、いざサーバーに障害が発生した場合に対応するのは、そのサーバーを開発したサーバーエンジニアです。

サーバーに障害が生じた際に迅速に対応できるスキルも、サーバーエンジニアに求められるのです。

未経験からサーバーエンジニアを目指す方法

未経験からサーバーエンジニアを目指す方法は、5つあります。

  • サーバーエンジニアが使用する言語を習得する
  • サーバーエンジニアに求められる資格を取得する
  • 未経験者向けの研修制度を整備している会社に転職する
  • サーバーエンジニア向けのスクールを活用する
  • 独学で勉強する

サーバーエンジニアは、未経験でも比較的参入のしやすいエンジニア職です。

そのため、未経験者からサーバーエンジニアに参入する方法を押さえてしまえば、未経験からサーバーエンジニアに挑戦することはそこまで難しいことではないのです。

ここからは、未経験者がサーバーエンジニアを目指す方法を一つずつ解説していきます。

サーバーエンジニアが使用する言語を習得する

サーバーエンジニアが仕事で使用する言語を習得することは、未経験者がサーバーエンジニアになるために必ずやるべきことの一つです。

サーバーエンジニアは、プログラミング言語の他にデータベース言語を使用します。

データベース言語はプログラミング言語よりも習得の難易度が高く、難しいとされています。

そのため、未経験者がサーバーエンジニアになるためには、いくつかのデータベース言語を習得しなくてはならないのです。

しかし、サーバーエンジニアが習得するべき言語の数はそこまで多くありません。

一度習得してしまえば周辺の言語の習得も難しいものではなくなります。

未経験者がサーバーエンジニアになるためには、サーバーエンジニアに求められる言語を習得しておく必要があるのです。

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を徹底解説!即戦力のスキルセットとは?

サーバーエンジニアに求められる資格を取得する

サーバーエンジニアに求められる資格を取得することも、未経験者がサーバーエンジニアになるために必要なポイントです。

サーバーエンジニアは、狭く深い知識やスキルを求められます。

つまり、求められるスキルを極めれば極めるほど、クライアントから見ても評価されるサーバーエンジニアになれるのです。

そして、関連する資格を取得すると、サーバーエンジニアとしてのスキルをクライアントに証明することができるようになります。

スキルが証明できれば、単価などの待遇を良くしやすくなります。

そのため、未経験者でもスキルを証明するためには、サーバーエンジニアに関連する資格を取得することが一番の方法なのです。

サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?

未経験者向けの研修制度を整備している会社に転職する

未経験者向けの研修制度を整備している会社に転職することも、未経験からサーバーエンジニアになるための方法の一つです。

募集の数は少ないものの、未経験やサーバーエンジニアとしてのスキルを持ち合わせていなくても、応募することができる案件があります。

そのような案件は未経験者向けの研修制度を整備していることが多いため、サーバーエンジニアとしての第一歩を踏み出すためにはよい選択肢であるといえます。

しかし、このような案件は数が少ないため、倍率が高いことも考えられます。

そのため、ある程度のアピールができるくらいにスキルを積んでおくことが重要です。

サーバーエンジニア向けのスクールを活用する

サーバーエンジニアになるためのスクールを活用することも、未経験者がサーバーエンジニアになるための方法です。

現在では、多くのプログラミングスクールが開港されています。

中にはオンラインで受講できるスクールもあるため、自分のペースで学習を進められるのが魅力です。

スクールを活用すると、体系的なカリキュラムで学ぶことができ、わからないところは講師に質問することができます。

スクールによっては就職支援まで請け負ってくれるところも少なくありません。

そのため、金銭的な余裕があるのであれば、未経験者はスクールを活用してサーバーエンジニアを目指すことをおすすめします。

独学で勉強する

独学で勉強することも、未経験者がサーバーエンジニアを目指す方法です。

独学は完全に自分のペースで勉強を進めることができるため、さほど負担にならないのが魅力です。

しかし、土台がない状態から勉強をスタートさせることになるため、間違った知識を仕入れてしまうリスクも伴います。

マイペースにサーバーエンジニアを目指せるものの、すぐにサーバーエンジニアとして結果を出すことが難しいのが、独学の特徴であるといえます。

未経験でもサーバーエンジニアの案件に参画する方法

未経験でもサーバーエンジニアの案件に参画する方法は4つあります。

  • 案件検索サイトでサーバーエンジニアの案件を検索する
  • 企業の採用サイトから応募する
  • 知り合いやコネクションを使って案件を紹介してもらう
  • プログラミングスクールから紹介してもらう

未経験でもサーバーエンジニアの案件に参画するためには、自分からアクションを起こしていくほかにありません。

未経験者にサーバーエンジニアの案件が舞い込んでくることはありません。

そのため、未経験者はまず自分からクライアントにアプローチをかけ、案件を獲得しなくてはならないのです。

案件検索サイトでサーバーエンジニアの案件を検索する

「フリジョブ」などの案件検索サイトでサーバーエンジニアの案件を検索することが、未経験者にとって一番取り組みやすい方法でしょう。

現在、様々なエージェントが抱える案件を一括で検索できるサイトが増えてきています。

これらのサイトを利用することで、エージェントごとに案件を検索する手間が省け、案件を探すコストを減らすことができるのです。

案件情報は日々更新されるため、こまめにチェックし、未経験者OKの案件を探しましょう。

企業の採用サイトから応募する

企業の採用サイトからサーバーエンジニアの募集を見つけて応募するのも、方法の一つです。

企業の採用サイトから応募をすると場合によっては社員として登用してもらえる可能性もあります。

サーバーエンジニアとしての活躍の場が広がることにもつながるため、企業の採用サイトにサーバーエンジニアの求人があったら、チャンスであると考えましょう。

しかし、企業が直接募集する例は少ないのがデメリットです。

求人に巡り合ったらラッキー、くらいの心持でいることをおすすめします。

知り合いやコネクションを使って案件を紹介してもらう

知り合いやコネクションを使って案件を紹介してもらうことも、未経験者がサーバーエンジニア案件に参画する方法の一つです。

近年、「リファラル採用」という採用方式が急速に注目を集めています。

要は推薦による採用活動で、企業は質の高い人材を獲得できるというメリットがあります。

このリファラル採用の要領で、知り合いや持っているコネクションを使って案件を紹介してもらうことも、未経験者がサーバーエンジニアの案件に参画する方法の一つなのです。

プログラミングスクールから紹介してもらう

もしスクールに通っているのであれば、通っているスクールから就職支援の一環として案件を紹介してもらうのも一つの手段です。

スクールからの紹介の場合、ブラックな労働環境を強いる求人を紹介される可能性は低いです。

また、スクールで得て・不得手がわかるため、個人の得意分野に沿った求人を紹介してもらいやすくなります。

企業とのミスマッチが起こりづらいのがスクールからの紹介の特徴のため、金銭的な余裕がある場合はスクールに通うことをおすすめします。

サーバーエンジニアに向いているのは「縁の下の力持ちタイプ」の人

サーバーエンジニアの仕事は、どちらかというと裏方です。

地道な作業を続けることでサーバーを維持しなくてはならないため、縁の下の力持ちのようなタイプの人が向いています。

また、職人肌気質の人も、サーバーエンジニアに向いているとされています。

目立たないものの、インターネットになくてはならない存在こそがサーバーエンジニアです。

そのため、縁の下の力持ちの人や、職人肌気質の人は、サーバーエンジニアに向いているといえます。

サーバーエンジニアは未経験が挑戦しやすい!

サーバーエンジニアは、未経験者が比較的挑戦しやすいエンジニア職です。

そのため、どのように参入するかという方法を押さえてしまえば、未経験者でもサーバーエンジニアを目指すことは難しくありません。

サーバーエンジニアになるために必要なことをリストアップし、一つずつこなしていくことで、サーバーエンジニアに近づくことができます。

サーバーエンジニアとして活躍する姿を目標に、未経験者でもどんどん挑戦していきましょう!

関連する他の記事

サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します
サーバーエンジニアのキャリアパスは、多種多様です。業務の特性上、様々な選択肢を手にすることができま…
サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!
サーバーエンジニアの将来性は、人によって大きく違いが生まれます。理由としては、サーバーエンジニアの…
サーバーエンジニアの仕事はきつい?7つの辛い理由を徹底解説!
サーバーエンジニアは、一般的に「きつい」と思われがちな職種です。しかし、サーバーエンジニアがきつい…
サーバーエンジニアとは?仕事内容とサーバー技術者になるための基礎知識
サーバーエンジニアは、インターネットに必要不可欠な存在である「サーバー」を管理するエンジニアです。…