サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を解説!即戦力のスキルセットとは?

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を解説!即戦力のスキルセットとは?

サーバーエンジニアに求められるスキルや言語は多くあります。

一つでも多く習得することが、成功への近道であることは疑いようもありません。

このページでは、サーバーエンジニアに求められるスキルや言語を徹底解説しています。

サーバーエンジニアとしての自分の魅力を高めたい人や、これからサーバーエンジニアに挑戦したい人は必見の内容です!

サーバーエンジニアが習得するべき技術的なスキルとデータベース言語

サーバーエンジニアは、技術的なスキルがあればあるほど、市場価値の高い人材になることができます。

サーバーエンジニアが持っておきたい9の技術的なスキルは以下の通りです。

  • SQL
  • UNIX OS
  • LAMP
  • パケット通信に関するスキル
  • コンピューターアーキテクトのスキル
  • サーバー設計・構築・運用・保守のスキル
  • セキュリティに関するスキル
  • クラウドサーバーに関するスキル
  • 関連する資格を取得する

サーバーエンジニアは、サーバー全般の管理や設計、構築をおこなうエンジニア食です。

そのため、サーバーエンジニアに求められるスキルも多岐にわたります。

これらのスキルを一つでも多く持っておくことで、市場価値の高いサーバーエンジニアになることができます。

SQLは世界で最も普及しているデータベース言語

SQLは、世界で最も普及しているデータベース言語です。

データベース言語とは、複数で利用され、加工されることを前提に整理されたデータの集まりであるデータベースを制御する言語です。

「Structured English Query Language」の頭文字3文字を取って、SQLと呼ばれています。

データベース言語の中では最大手の言語であるSQLを習得すれば、ほとんどのサーバーエンジニアの案件に参画することができます。

また、SQLはほとんどのデータベース言語の基準となっている言語のため、SQLを一度習得してしまえば、他のデータベース言語の習得は難しくありません。

サーバーエンジニアとして活躍するのであれば、SQLの習得は必須です。

UNIX OSは高いネットワーク性能が魅力のOS

サーバーエンジニアが持っておきたいスキルの一つとして、「UNIX OS」が挙げられます。

UNIX OSは高いネットワーク性能を誇るOSです。

世界的に有名なOSといえば、Wndows OSやMac OSが挙げられます。

しかし、サーバーエンジニアの市場においては、UNIX OSを扱える人材の価値は高いのです。

UNIX OSを扱えるサーバーエンジニアが少ないということもあり、スキルとして持っておけば魅力のあるサーバーエンジニアになれることは間違いありません。

LAMPは人気のあるサーバーサイドのプログラミング言語

サーバーエンジニアとして活躍するためには、作業環境に関する知識やスキルも必要です。

中でもサーバーエンジニアが持っておくべきスキルが、「LAMP」に関する知識です。

サーバーサイドプログラミングはWebアプリケーションやゲームを構築する要になるものです。

そのため、サーバーを構築するサーバーエンジニアは必携のスキルであるといえます。

そして数あるサーバーサイドのプログラミング言語の中でも、サーバーエンジニアが習得するべきなのがLAMPです。

LAMPは

  • Linux
  • Apache
  • MySQL
  • Python

それぞれの頭文字を取って名付けられたことから分かるように、人気の高い作業環境に対応しています。

そのため、LAMPをスキルとして持っておけば、ある程度広範囲の案件に参画することができるのです。

サーバーサイドのプログラミング言語は多く習得しておきたいものですが、サーバーエンジニアにはまずLAMPを習得することをおすすめします。

サーバー設計・構築・運用・保守のスキル

サーバーの設計から構築、運用、保守のスキルは、サーバーエンジニアであれば必ず持っておかなくてはならないスキルです。

サーバーエンジニアの仕事内容のほとんどが、サーバー設計から保守に至るまでの一連の作業で完結します。

そのため、サーバーの設計・構築・運用・保守のスキルを持っていないことには、サーバーエンジニアとしての仕事を全うすることができないのです。

サーバーエンジニアとして働くのであれば、これらのスキルは持っておかなくてはなりません。

セキュリティに関するスキル

セキュリティに関するスキルも、サーバーエンジニアが持っておくべきスキルの一つに数えられます。

サーバーエンジニアは、ネットワーク環境下にあるサーバーの保守管理が仕事の一つです。

そのため、サイバー攻撃などのリスクからサーバーを守らなければなりません。

そこで持っておくべきなのが、セキュリティに関するスキルです。

仮にサーバーが被害を受けたとしても、被害を最小限に抑えることができるノウハウも併せて持っておくと良いでしょう。

サーバーエンジニアがセキュリティに関するスキルを持っていると、クライアントからの評価も大きくアップします。

そのため、将来的にサーバーエンジニアとして活躍していきたい人は必携のスキルであるといえるのです。

クラウドサーバーに関するスキル

クラウドサーバーに関するスキルも、サーバーエンジニアが持っておくべきスキルの一つです。

クラウドサーバーとは、文字通りクラウド環境下に作られたサーバーのことをいいます。

規模の大きいサーバーとなるため、大規模な開発においてはクラウドサーバーが用いられることがしばしばあります。

そのため、クラウドサーバーに関するスキルを持っていると、大規模な案件に参画しやすくなるのです。

大規模案件への参画は、結果として収入アップや経験値の向上につながるため、チャンスがあれば挑戦しておきたいものです。

大規模案件へのチケットとして、サーバーエンジニアはクラウドサーバーに関するスキルを持っておくことが大事なのです。

パケット通信に関するスキル

パケット通信に関する知識やスキルも、サーバーエンジニアが持っておくべきスキルの一つです。

携帯電話の契約をする際などによく耳にするパケット通信ですが、この知識はサーバーエンジニアにこそ必要なのです。

サーバーエンジニアは、サーバーとクライアント間のデータのやりとりをできるだけ円滑に進めることが役割です。

そのため、そもそもパケット通信の仕組みを理解していないことには、良い仕事を進めることができません。

パケット通信に関する知識とスキルは、サーバーエンジニアが仕事をするうえで必ず持っておくべきスキルであることを理解しておきましょう。

コンピューターアーキテクトのスキル

コンピューターアーキテクトのスキルも、サーバーエンジニアが持っておきたいスキルの一つです。

サーバーエンジニアがサーバーを設計するためには、コンピューター全体がどのような仕組みで動いているのかどうかを頭に入れておく必要があります。

コンピューターアーキテクトのスキルは、サーバー設計の際に使います。

コンピューターアーキテクトのスキルを持っていないサーバーエンジニアに、質の高いサーバー設計はできません。

そのため、サーバー設計で評価されるためにはコンピューターアーキテクトのスキルが必要不可欠なのです。

関連する資格を取得する

関連する資格を取得することも、サーバーエンジニアには必要です。

サーバーエンジニアが取得すると武器になる資格は、主に5つです。

  • マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
  • マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • Cisco Certified Network Associate
  • Cisco Certifies Network Professional

サーバーエンジニアは、これらの資格を一つでも多く取得しておくと、自分の市場価値を高めることができます。

資格を取って損をすることはないため、時間に余裕があれば勉強をし、どんどん資格取得をしていくことをおすすめします。

サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?

サーバーエンジニアに求められる人間的なスキル

ここからは、サーバーエンジニアに求められる人間的なスキルを解説していきます。

サーバーエンジニアに求められる人間的なスキルは、主に3つです。

  • プロ気質
  • 正確性
  • 柔軟性

サーバーエンジニアは、正確性と柔軟性が求められる仕事です。

それゆえに、プロ気質・職人肌の人でないと続かないという側面もあります。

サーバーエンジニアとして活躍するのであれば、サーバーエンジニアに求められる人間的なスキルを頭に入れておく必要があるでしょう。

プロ気質

サーバーエンジニアは、プロ気質のある人にこそ向いています。

サーバーエンジニアの使命は、開発したサーバーを24時間365日、問題なく動かし続けることです。

根気の必要な仕事になるため、サーバーエンジニアは職人肌やプロ気質といった人が求められるのです。

正確性

開発したサーバーは、24時間365日稼働し続けることができなくてはなりません。

そのため、開発するサーバーエンジニアには、高い水準の正確性が求められます。

サーバー構築は、一つ間違えると大きな障害を生むことがあります。

些細なミスが大きな影響を与えるリスクがある為、雑な仕事をする人は求められないのです。

サーバーエンジニアには正確性がとにかく高い水準で求められることを頭に入れておきましょう。

柔軟性

サーバーエンジニアには、柔軟性も求められます。

いくら正確性を追い求めたところで、所詮人間の作るサーバーです。

どうしても不具合やトラブルは出てきます。

そんな時に冷静かつ迅速に対応できる柔軟性や適応力が、サーバーエンジニアには求められるのです。

他にも、インターネットを使った仕事以外の作業に対応できることが必要です。

サーバーエンジニアになるためには、幅広い作業に対応できる柔軟性が求められるのです。

サーバーエンジニアが学ぶべきプログラミング言語はPerl

サーバーエンジニアが優先的に学ぶべきプログラミング言語はPerlです。

Perlはそこまで多くの開発に用いられているわけではありません。

しかし、学習価値は非常に高いプログラミング言語なのです。

現在、Perl案件に対応できるエンジニアの数は多くありません。

そのため、Perlを扱えるサーバーエンジニアは非常に貴重なのです。

Perlは他のプログラミング言語にも応用を利かせやすいため、サーバーエンジニアの仕事以外にも活用できる場面が多いのが魅力です。

Webサーバーからプログラムによる処理結果を処理することができるPerlは、サーバーを構築するサーバーエンジニアにもってこいのプログラミング言語であるといえます。

サーバーエンジニアの武器は「言語」と「スキル」

サーバーエンジニアは、より多くのスキルを持ち、より多くのプログラミング言語やデータベース言語を習得することで、自身の市場価値を高めることができます。

そのため、仕事の合間にできるだけ時間を作り、より多くのスキルや言語を習得する必要があります。

サーバーエンジニアは需要の高いエンジニア職であるため、今後もライバルは増えていくでしょう。

そんな時に大多数に埋もれないためにも、今の内からアクションを起こすことをおすすめします。

関連する他の記事

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を解説!即戦力のスキルセットとは?
サーバーエンジニアに求められるスキルや言語は多くあります。一つでも多く習得することが、成功への近道…
サーバーエンジニアの仕事はきつい?7つの辛い理由を徹底解説!
サーバーエンジニアは、一般的に「きつい」と思われがちな職種です。しかし、サーバーエンジニアがきつい…
サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します
サーバーエンジニアのキャリアパスは、多種多様です。業務の特性上、様々な選択肢を手にすることができま…
サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!
サーバーエンジニアの将来性は、人によって大きく違いが生まれます。理由としては、サーバーエンジニアの…