サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを徹底解説!

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを徹底解説!

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアは、エンジニア職の中でも混同されやすい職種です。

しかし、これらの2つの職種には、いくつかの違いがあります。

このページでは、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを徹底解説しています!

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いがわからない人、違いを知りたい人は必見の内容です!

仕事内容の違い

数あるエンジニア職の中でも混同されがちなサーバーエンジニアとネットワークエンジニアですが、両者の仕事内容には大きな違いがあります。

サーバーエンジニアはサーバーの管理者ですが、ネットワークエンジニアはネットワークの管理者なのです。

ここからは両者の違いを詳しく見ていきましょう。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアの仕事内容は、主に3つです。

  • サーバーの設計業務
  • サーバーの構築業務
  • サーバーの運用・保守業務

サーバーエンジニアはその名の通り、サーバーの設計から保守までの一連の業務を担当するエンジニア職です。

インターネットに欠かせないサーバーエンジニアは、IT化している現代社会には欠かせません。

サーバーエンジニアはサーバーを管理するにあたり、プログラミング言語だけではなく、OSやミドルウェアの知識も求められます。

また、万が一サーバーが故障したり、障害が起こったりした場合には、そのサーバーを構築したサーバーエンジニアが迅速に復旧作業をおこないます。

サーバーエンジニアとは?仕事内容とサーバー技術者になるための基礎知識

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、主に3つです。

  • ネットワークの設計業務
  • ネットワークの構築業務
  • ネットワークの運用・保守業務

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークの設計から運用・保守に至るまでの一連の業務です。

数名のネットワークエンジニアでチームを作ってネットワークを作成することもあれば、1人で設計から運用までをおこなうこともあります。

いかにクライアントの課題をネットワークで解決できるかが腕の見せどころになります。

需要と将来性の違い

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの間には、需要と将来性にも違いがあります。

結果としてはどちらの需要も高まっていくことになるのですが、両者には進む方向性の違いが見込まれています。

今後も今の需要をキープするのか、新しい需要が生まれるのか、将来性を見て職種を考えるのも良いでしょう。

サーバーエンジニアの需要と将来性

サーバーエンジニアは今後、新しい需要を生み出していくことが予想されています。

新しく生まれる需要によって、今後将来性も高まっていくでしょう。

サーバーエンジニアは、近年ネットワークインフラの知識やスキルが求められるようになってきています。

サーバーエンジニアに求められる仕事はサーバーの管理だけではなく、サーバーの処理能力を高め、データを有効活用させる仕組みを作るところにまで至っています。

今後のサーバーエンジニアの需要は、サーバー管理以外の業務において急増することが予想されています。

そのため、サーバーを使って業務を効率化させることができるスキルも、需要とともに求められていくでしょう。

サーバーエンジニアの将来性は?変化する需要に対応できるかがポイント!

ネットワークエンジニアの需要と将来性

ネットワークエンジニアの今後の需要は、現在と同じ需要がどんどん高まっていくと予想されています。

近年はクラウド化が進み、ネットワークエンジニアが台頭する機会は減りました。

しかし、ネットーワークエンジニアの存在が企業にとって重要であることは今後も変わりません。

特にクラウドにも精通したネットワークエンジニアの需要が今後高まっていきます。

そのため、将来性を見越して、ネットワークエンジニアとしてのスキルに加え、クラウドの需要にも対応できるようにしておくと良いでしょう。

求められるスキルの違い

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアには、求められるスキルにも違いがあります。

双方に共通して求められるスキルは、コミュニケーションスキルです。

サーバーエンジニアもネットワークエンジニアも、何らかのプロジェクトに属することが多くあります。

そのため、業務を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルは、サーバーエンジニアにとってもネットワークエンジニアにとっても必携のスキルなのです。

ここからは、サーバーエンジニアとネットワークエンジニア、それぞれに求められるスキルを解説していきます。

サーバーエンジニアに求められるスキル

サーバーエンジニアに求められるスキルは、主に3つです。

  • サーバー関連の資格
  • サーバー周辺の幅広い知識
  • 問題解決能力

サーバーエンジニアの今後の需要を考えると、サーバーに関するスキルだけで生き残ることはできません。

そのため、サーバーに関する資格のほか、サーバー周りのネットワークに関する知識なども持っておくと良いでしょう。

ここからは、サーバーエンジニアに求められるスキルを一つずつ解説していきます。

サーバーエンジニアに必要なスキルと言語を徹底解説!即戦力になるスキルセットとは?

サーバー関連の資格

サーバー関連の資格は、サーバーエンジニアとして活躍するのであれば確実に持っておきたいスキルです。

サーバーエンジニアが取得するべき資格は、OSやネットワーク関連の資格です。

  • マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • Cisco Certified Network Associate(CCNA)
  • Cisco Certified Network Professional(CCNP)
  • Information Technology Infrastructure Library(ITIL)
  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験
  • Red Hat認定システム管理者

サーバー関連の資格は、世界的に通用するものが多いのが特徴です。

一度取得してしまえば、サーバーエンジニアとしてだけではなく、様々なエンジニア職における武器になります。

そのため、サーバーエンジニアとしての今後を考えるのであれば、これらの資格を一つでも多く取得することをおすすめします。

サーバーエンジニアが取るべき資格を徹底解説!難易度はどれくらい?

サーバー関連の幅広い知識

サーバー関連の幅広い知識も、サーバーエンジニアに求められるスキルの一つです。

サーバーエンジニアが持っておくべき知識は、多岐にわたります。

  • メールサーバーに関する知識
  • ウェブサーバーに関する知識
  • ファイルサーバーに関する知識
  • OSに関する知識
  • ネットワークに関する知識
  • セキュリティに関する知識
  • ネットワークインフラの知識

以上を見て分かる通り、サーバーエンジニアに求められる知識は、サーバーの知識だけではありません。

サーバーの周辺であるOSやネットワーク、セキュリティに関する知識までもが求められるようになってきたのです。

また、ネットワークインフラの知識は、近年需要が高まっているスキルの一つです。

今のうちから持っておくことで他のサーバーエンジニアとの差別化を図ることができるため、早いうちから取り組んでおくことをおすすめします。

問題解決能力

問題解決能力も、サーバーエンジニアに求められるスキルの一つです。

サーバーエンジニアは、サーバーに発生した障害を迅速かつ正確に解決するスキルが求められます。

問題解決能力に加え、フットワークの軽さも重要なスキルです。

直面する問題に対して迅速に対応できるフットワークの軽さと、正確に対処できる問題解決能力こそ、サーバーエンジニアに求められる重要なスキルなのです。

ネットワークエンジニアに求められるスキル

ネットワークエンジニアに求められるスキルは、主に2つです。

  • ネットワーク関連の資格
  • ウェブ・ネットワークに関する知識

ネットワークエンジニアには、資格とスキルの両方が求められます。

特にネットワークに関する知識は、ネットワークエンジニアの名前のもと、確実に持っておくべきスキルです。

ネットワーク関連の資格は、一つでも多く持っておくことでスキルの証明になります。

そのため、余裕のあるときにどんどん取得に挑戦することをおすすめします。

ネットワーク関連の資格

ネットワーク関連の資格は、ネットワークエンジニアが自身のスキルを証明するために持っておくべきスキルの一つです。

ネットワークエンジニアが取るべき資格は、サーバーエンジニアに求められる資格と似ています。

  • マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • ネットワークスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • Cisco Certified Network Professional(CCNP)

基本的にはOSに関する資格や、ネットワークに関する資格などが主です。

一つでも多くの資格を取得しておくことで、スキルの証明につながります。

そのため、時間のあるときに勉強を進め、資格を取得しておくと良いでしょう。

ウェブ・ネットワークに関する知識

ネットワークエンジニアには、ウェブ・ネットワークに関連する知識が網羅的に求められます。

特に必要な知識は、以下の3つです。

  • LAN系の知識(無線LANやTCP/IPなど)
  • WAN系の知識(ADSLやIP-VPNなど)
  • インターネット系の知識(DNYやWWWサーバーなど)

ネットワークエンジニアには、ネットワークに関する幅広い知識が求められます。

そのため、上記の3つの知識は最低限持っておく必要があるのです。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアに収入の違いはない

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの収入は、そこまで大きく変わりません。

どちらも400万円から600万円程度であることが多いのです。

しかし、どちらの職種にも共通することが、実力次第で年収が変わるという点です。

スキルが豊富なサーバーエンジニアやネットワークエンジニアの収入は高くなりますが、未経験者のサーバーエンジニアやネットワークエンジニアの収入はそこまで高く有りません。

そのため、いかにスキルと実績を積めるかどうかが、年収アップへのカギとなるのです。

サーバーエンジニアの単価相場は?高単価を目指すために知っておきたい知識

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを知ろう

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアは、エンジニア職の中でも混同されがちな職種です。

しかし、両者にはいくつかの違いがあるのです。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニアの違いを知り、理解することで、自分がどちらに向いているのかを考えることができます。

混同されやすい2つのエンジニア職の違いを知り、自分にとってより良い選択をしましょう!

関連する他の記事

サーバーエンジニアとは?仕事内容とサーバー技術者になるための基礎知識
サーバーエンジニアは、インターネットに必要不可欠な存在である「サーバー」を管理するエンジニアです。…
サーバーエンジニアのキャリアパスって?キャリア設計に必要な知識を解説します
サーバーエンジニアのキャリアパスは、多種多様です。業務の特性上、様々な選択肢を手にすることができま…
未経験からサーバーエンジニアになる方法を徹底解説!
サーバーエンジニアは、未経験者でも比較的挑戦しやすいエンジニア職です。未経験者でも参入する方法は多…
サーバーエンジニア案件の単価相場は?高単価を目指すために知っておきたい知識
サーバーエンジニアは、実務経験と持っているスキルによって単価相場が変わります。実務経験が長く、持っ…