プロジェクトマネージャーに求められるスキルは何?仕事内容を解説!

プロジェクトマネージャーに求められるスキルは何?仕事内容を解説!

フリーランスのプロジェクトマネージャーは、フリーランスの職種の中でも単価の高い仕事として知られています。

しかし、プロジェクトマネージャーになるためには、高いスキルと経験が必要です。

このページでは、フリーランスのプロジェクトマネージャーについての知識を徹底解説しています。

ただのフリーランスのプロジェクトマネージャーになるのではなく、魅力的なフリーランスのプロジェクトマネージャーになるための方法を紹介しています。

フリーランスのプロジェクトマネージャーとして成功したい人は必見の内容です!

フリーランスのプロジェクトマネージャーにはプロジェクトの成功だけ求められる

プロジェクトマネージャーに求められることは、任されたプロジェクトを成功に導くことだけです。

どんな手段を使ってもプロジェクトを成功させることで、プロジェクトマネージャーとしての評価は上がります。

自分だけでなく、プロジェクトに携わるメンバーの管理もする必要があるため、複合的な力が求められる職種であるといえます。

とくにフリーランスのプロジェクトマネージャーはなおさらです。

プロジェクトを成功させられないと、その会社からの依頼はなくなると考えて良いでしょう。

会社に所属しない、フリーランスのプロジェクトマネージャーにとっては、すべての仕事が失敗できない重要な仕事なのです。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

ここからは、プロジェクトマネージャーの仕事内容を解説していきます。

  • システム開発計画を作成する
  • プロジェクトチームを編成する
  • プロジェクトの運営・管理・推進をする
  • プロジェクト内の対人関係をサポートする
  • プロジェクト終了後にはフィードバックをおこなう

プロジェクトマネージャーはその名の通り、プロジェクト全体の管理者です。

そのため、仕事内容もマネジメント関連の業務が多くあります。

プロジェクトメンバーを統括するためにはさまざまなスキルが必要です。

必要なスキルを身につけて、使いこなせてこそ、プロジェクトマネージャーとして一人前になれるのです。

そのためにはまずプロジェクトマネージャーの仕事内容を把握するようにしましょう。

システム開発計画を作成する

システムの企画をおこなう前に、まずはどのようなシステムを設計するのかという計画を立てます。

ここでは主にターゲットとなる顧客層にヒアリングをおこない、ユーザーのニーズに沿ったシステムの構築計画を設定します。

この計画の時点で、プロジェクトにかかる時間や費用、人員が決定するため、プロジェクトマネージャーの仕事の中でも重要なものになります。

プロジェクトチームを編成する

システム開発計画を作成したら、計画に沿って開発をおこなうために必要な体制を整えます。

プロジェクトに携わるメンバーを招集、チームを結成し、システム開発のために必要な状態に持っていく必要があるのです。

場合によっては機材などを発注する必要もあるため、メンバー集めだけで満足せず、自分とプロジェクトメンバー全員が計画を実行できる環境を構築します。

プロジェクトの運営・管理・推進をする

メンバーが集まり、プロジェクトチームが結成されたら、事前に立てたシステム構築計画に沿ってプロジェクトを運営、管理、推進していきます。

プロジェクトのメンバーに、システムの開発目的や開発スケジュール、納期などについて説明し、プロジェクトチーム全体で共有するのがプロジェクトマネージャーの仕事のひとつです。

顧客の要望や決定事項、変更が生じた点などは、プロジェクトメンバーに逐一共有していく必要があります。

また、各工程の進行具合を確認し、プロジェクトが当初の計画どおり進むように管理します。

また、リスク管理、予定外のトラブルが起きた場合には、顧客と交渉してスケジュール調整などをするなど、迅速な対処が必要です。

スケジュールが遅延している場合は、プロジェクトマネージャーが停滞の理由を解析し、原因解決する役割も担っているのです。

プロジェクト内の対人関係をサポートする

複数人で進めるプロジェクトにおいて、人間関係のトラブルはつきものです。

クライアントとプロジェクトチームの間に立って各種調整をおこないます。

また、他のプロジェクトとの情報共有や連携も欠かせません。

さらに、プロジェクトチーム内の人間関係のトラブルにも率先して対応する必要があります。

プロジェクトの進行を円滑に進めるためにも、プロジェクトマネージャーにとって人間関係のマネジメントは必要不可欠なのです。

プロジェクト終了後にはフィードバックをおこなう

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト終了後にフィードバックをおこなう必要があります。

プロジェクト全体を振り返り、改善すべき点や問題点をブラッシュアップします。

課題が見つかったら次回に向けて改善する必要があるため、自分自身を律せなくてはなりません。

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトに関する専門的な知識だけでなく、プロジェクトを運営するための経営者的な視点を兼ね備えていることが求められます。

プロジェクトマネージャーになるために必要なスキル

ここからは、プロジェクトマネージャーになるために必要なスキルを解説していきます。

  • マネジメント能力
  • ネゴシエーションスキル(交渉力)
  • コミュニケーション能力
  • アーキテクトスキル
  • 日本語力
  • 英語力

プロジェクトマネージャーに専門的な知識が備わっていることは、もはや当たり前です。

数多くいるプロジェクトマネージャーの中でも仕事をもらえるフリーランスになるためには、プロジェクトを運営するためのリーダーとしてのスキルが必要になってきます。

魅力的なフリーランスのプロジェクトマネージャーを目指すのであれば、この6つのスキルを身に着けることを最優先の課題にしましょう。

マネジメント能力

プロジェクトマネージャーの業務の大部分は、プロジェクトのマネジメントになります。

プロジェクトの進捗具合を随時確認し、最適なプロジェクトの進め方を逐一設計しなくてはなりません。

また、プロジェクトマネージャーはプロジェクトを運営するにあたって数多くの書類を管理することになります。

ここでいうマネジメント能力とは、プロジェクト全体のマネジメントができる力に加え、プロジェクトを管理する文書を把握する意味でのマネジメント能力も求められているのです。

客観的・俯瞰的にプロジェクトをとらえてマネジメントができるようになると、プロジェクトマネージャーとしてもフリーランスとしても、非常に魅力的な人材になれるでしょう。

ネゴシエーションスキル(交渉力)

プロジェクトマネージャーには、ネゴシエーションスキル(交渉力)も必要です。

予算を獲得する際の交渉や、顧客との交渉の際に、プロジェクトマネージャーの力量が量られます。

現場(=プロジェクト)の意見と顧客の意見の両者を考慮し、最適な着地点に誘導できるかどうかが、プロジェクト成功のカギを握るのです。

プロジェクトをより良い結果に導くためには、プロジェクトマネージャーのネゴシエーションスキル(交渉力)が必須条件であるといえます。

コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーが仕事をするにあたって、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

プロジェクトが成功するかどうかは、プロジェクト内でいかに活発なコミュニケーションができるかにかかっているといっても過言ではありません。

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトチームと顧客、他部署とつなぎとめることができるコミュニケーション能力が必要です。

常に変化するユーザーのニーズを的確につかむためにも、プロジェクトマネージャーのコミュニケーション能力は必須なのです。

アーキテクトスキル

プロジェクトマネージャーには、多角的にプロジェクトを把握し、開発するシステムを適切な形で構築するアーキテクト(建築)スキルが求められます。

システムの内容が複雑になればなるほど、プロジェクトマネージャーにはアーキテクトスキルが求められます。

そのため、プロジェクトマネージャーにはプログラマーとしての経験や、システムエンジニアとしての経験があることが望ましいのです。

日本語力は絶対必要

プロジェクトマネージャーは、状況を報告する場面、相手を納得させる場面、顧客や他部署と交渉する場面などと、なにかと人に指示を出すことが多いです。

そのため、プロジェクトマネージャーには、できるだけ簡潔に、要点だけをまとめて伝える力が必須です。

日本で仕事をしていくうえで日本語は必須ですが、プロジェクトマネージャーには「伝わりやすい日本語」を習得することが求められます。

多国籍企業では英語力が必須

最近では、日本にも多国籍企業が増えてきています。

そんな多国籍企業でプロジェクトマネージャーの仕事をする場合には、ビジネスレベルの英語を使いこなせることも必須です。

プロジェクトによっては英語のみで進められることも、現在では珍しくありません。

英語は一朝一夕で身につくスキルではありません。

そのため、これから先フリーランスのプロジェクトマネージャーとして働いていくのであれば、今のうちからコツコツと英語力を高めていかなくてはならないのです。

時間がかかる分、プロジェクトマネージャーという仕事以外のところでも使えるスキルこそが、英語力であるといえます。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

ここからは、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いを解説していきます。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを円滑に進めるためにプロジェクト全体をマネジメントする立場です。

対してプロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーの補佐としてプロジェクトの管理をします。

プロジェクトマネージャーよりも現場に近い立ち位置にいるため、プロジェクトチームにより近いのはプロジェクトリーダーです。

プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体の責任者なのであれば、プロジェクトリーダーは現場を管理する現場監督のようなものです。

プロジェクトリーダーには、より深い専門知識が求められます。

プロジェクトはこの2つの役職が協力して進めるため、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは近しい立場にあるのです。

魅力的なプロジェクトマネージャーになるためにはスキルアップが必須

仕事が絶えない、魅力的なフリーランスのプロジェクトマネージャーになるためには、先述したスキルをどんどん身につけていくことが重要です。

プロジェクトマネージャーの力量で、プロジェクトの完成度も変わってきます。

フリーランスのプロジェクトマネージャーは案件の単価が高い分、責任も非常に重い仕事です。

そのため、クライアントを最大限満足させられるような結果を出すために、自分自身もスキルアップのための勉強を怠らないようにしましょう。

関連する他の記事

フリーランスとして働くメリットとデメリットを徹底解説します
このページでは、フリーランスとして働くメリットデメリットを解説しています。自由な働き方であるフリー…
コロナ禍の今がチャンス!?ITフリーランスにおすすめの求人を紹介!
新型コロナウイルスの影響で多くの企業が業績悪化の事態に陥っています。個人事業主として働くフリーラン…
フリーランスになるにはどうしたらいい?必要な準備を徹底解説
このページでは、フリーランスになるために必要な準備について解説しています。フリーランスになるために…
JavaScriptの需要はどれくらいあるの?これからの動向は?
汎用的に使われているプログラミング言語のJavaScriptですが、新しいプログラミング言語が登場してきてい…