フリーランスは増えすぎ?フリーランス戦国時代を生き残るために必要な知識

フリーランスは増えすぎ?フリーランス戦国時代を生き残るために必要な知識

現在、日本のフリーランスは「増えすぎ」といわれるくらいに年々増え続けています。

昔のような年功序列や終身雇用といった働き方が見直されるようになり、フリーランスが徐々に存在感を表してきているのです。

しかし、このフリーランスという働き方にも、向き不向きがあります。

今後もフリーランスがどんどん増えていくと予想されている中で戦っていくためには、そもそも自分がフリーランスに向いているかどうかをチェックしなくてはなりません。

このページでは、増えすぎたフリーランスの中で生き残るために知っておくべき知識や適性を解説しています。

これから先の「フリーランス戦国時代」を生き残りたい人は必見の内容です!

日本のフリーランス人口は1000万人を超えている

現在、日本のフリーランス人口は1000万人を超えています。

フリーランスの経済規模は20兆円を超えており、今後しばらく増加傾向が続くと予想されています。

また、副業としてフリーランスの活動をしている人も増えています。

副業フリーランスは日本のフリーランス全体の7割を超える約750万人に上り、経済規模も8兆円を超えるまでに成長しました。

フリーランス市場の規模は年々猛烈な勢いで成長しており、専業・副業問わず参入できることから、フリーランスとして働く人の数もどんどん増えているのです。

フリーランスは増えすぎた5つの理由

ここからは、フリーランスが増えすぎた5つの理由を解説していきます。

  1. 副業が解禁された
  2. 働き方が多様化した
  3. フリーランスの社会的認知度が向上した
  4. フリーランスを支援する事業者が増えた
  5. フリーランスエンジニアが空前の売り手市場になっている

フリーランスが増えすぎるまでになった背景には、日本の社会がフリーランスに対する門戸を徐々に拡げ始めたということがあります。

フリーランスという立場が肩身の狭いものではなく、ひとつの働き方として認められるようになったということが、フリーランスが増えすぎた要因なのです。

副業が解禁された

フリーランスが増えすぎた背景には、政府の方針に則って副業を解禁する企業が増えたことが理由のひとつとして挙げられます。

会社をやめて退路を断たない限り始めることができなかったフリーランスとしての働き方が、会社に在籍しながらでも副業として始められるようになったのです。

会社に在籍しながら副業としてフリーランスの活動を始めることで、事業が軌道に乗ってから専業に乗り換えることが可能になったのです。

副業があまり解禁されていないときと比べ、フリーランスという働き方に挑戦しやすくなったことが、フリーランスの数が増えすぎた原因であるといえます。

働き方が多様化した

現在の日本は、昔と比べて働き方が多様化しています。

フレックスタイム制やテレワーク、リモートワークの導入などにより、さまざまな働き方が認知されるようになりました。

年功序列や終身雇用が事実上崩壊した今、働き方を見直す企業が増えているのです。

そしてその働き方の見直しているタイミングで、フリーランスとして働くという選択肢を選べるようになったのです。

従来の当たり前であった働き方がなくなったことで、フリーランスとして働く人が増えすぎたと考えられます。

フリーランスの社会的認知度が向上した

フリーランスの社会的認知度が高くなったことも、フリーランスの数が増えすぎた理由のひとつとして考えることができます。

フリーランスの求人サイトも近年増えてきており、昔よりもフリーランスの案件に巡り合うチャンスが増えているのです。

その背景としては、インターネットの普及や技術の向上によるクラウドソーシングの成功、SNSなどで自分の力だけで容易に情報発信をできるようになったことなどが挙げられます。

フリーランスの社会的認知度が向上したことにより、フリーランスに参入するハードルが年々下がっていることも、フリーランスの数が増えすぎる傾向にある理由のひとつなのです。

フリーランスを支援する事業者が増えた

フリーランスの社会的な認知度が向上したことに加え、フリーランスを支援する事業者が増えたことも、フリーランスの数が増えすぎている理由のひとつです。

先述したように、政府の方針に則って副業を解禁する企業が増えてきたことや、終身雇用がなくなって転職をするのが当たり前になりつつある現在の日本社会の状況などが背景にあります。

また、フリーランスの人向けにコワーキングスペースの運営を始めた会社も多くあり、フリーランスとしての働きやすさにさらに拍車をかけているのです。

このような社会全体でのフリーランスを擁護する動きが、フリーランスの数が増えすぎた要因のひとつであるといえます。

増えすぎたフリーランス業界は近いうちに飽和する可能性がある

増えすぎたフリーランス業界は、近いうちに飽和する可能性があります。

飽和するということは、フリーランスとして仕事をもらえなくなる人が出てくるということです。

飽和したときに生き残ることができるフリーランスになるためには、それまでに依頼主からの信頼を勝ち取っておく必要があります。

フリーランスとしての信頼を得られていないままフリーランス飽和の時期になってしまうと、その人に仕事を依頼する企業はほとんどないといえるでしょう。

そのため、フリーランスとして働いていくのであれば、フリーランス業界が飽和するときに備えて信頼と実績を積んでおくことが重要なのです。

フリーランスとしての信頼は仕事の実績によって作られる

フリーランスとしての信頼は、仕事の実績によって作られます。

一番手っ取り早く実績を作る方法がクラウドソーシングです。

オンライン上手不特定多数に仕事を発注するクラウドソーシングを利用することで、収入を選り好みしなければ簡単に実績を作ることができます。

また、実績を作ったのちにはSNSやブログなどを利用して自分から情報発信をすることで、仕事を依頼する側の目に留まりやすくなります。

近いうちに訪れるフリーランス飽和のときに備えて実績を作っておくことは、フリーランスとして食べていくうえで第一に考えておかなくてはならないことなのです。

こんな人はフリーランスに向いてない!増えすぎた市場で勝てない人の特徴

ここからは、増えすぎたフリーランス市場で勝ち残って行けない人の特徴を解説していきます。

  • 個人プレーを好まない人
  • 公私混同をしたくない人
  • 安定した収入を求めている人
  • 忙しいことが苦手な人
  • 自分に厳しくなれない人
  • メンタルが弱い人
  • 健康管理がうまくできない人
  • お金の管理が苦手な人

フリーランスで働くということは、組織に属して働いているときとはまったく違う働き方をすることになります。

フリーランスならではの働き方ができるかどうかが、フリーランスとして成功できるかどうかのカギになってくるのです。

個人での行動を好まない人

個人プレーを好まない人は、フリーランスとして勝ち残っていくことはできません。

フリーランスとして働くとなると、おのずと一人での作業が仕事の大部分を占めます。

そのため、個人行動よりも集団行動のほうが得意、好きだという人はフリーランスになることをおすすめしません。

集団行動が好きだという人は組織に属し、会社の一員として働いていく方が成功する可能性は高くなります。

逆に集団で動くよりも一人で動く方が好きだという人は、フリーランスという働き方に合っています。

個人での行動を好まない人は、フリーランスとして生き残っていくことは難しいでしょう。

公私混同をしたくない人

公私混同をしたくない人は、今後フリーランスとして生き残っていくことは難しいでしょう。

フリーランスとして働くとなると、会社に出勤する必要がなくなります。

ほとんどの場合、自宅が職場になるのです。

つまり、仕事とプライベートを完全に分けて生活をしたいという人には、フリーランスという働き方は窮屈なものに感じてしまう可能性が高いです。

公私をきっぱり分けたいという人はフリーランスとしてではなく、組織の一員として働くことをおすすめします。

安定した収入を求めている人

安定した収入を求めている人は、固定給のある会社の一員として働くことをおすすめします。

フリーランスは自由に働けることがメリットですが、収入がなかなか安定しないことがデメリットとして挙げられます。

仕事の発注がないと、月の収入がまったくないということもありえます。

また、フリーランスの仕事は景気に影響されやすいのも要因のひとつです。

安定した収入を求めるのであれば、景気に左右されやすいフリーランスではなく、固定給のある会社の一員として働くことをおすすめします。

忙しいことが苦手な人

フリーランスは、忙しければ忙しいほど収入も増え、成功できます。

しかし忙しいことが苦手な人は、そのような状況に耐えることができません。

フリーランスは忙しければ忙しいほど収入が増え、忙しくなければ収入は伸びません。

そのため、忙しいことが苦手な人は、忙しくても忙しくなくても給与が変動しない、固定給の会社の一員として働くのが良いでしょう。

逆に忙しいことが好きだという人はフリーランスとして働いていけます。

案件を探し、どんどん仕事をこなしていくことで、信頼と実績を作っていくようにしましょう。

自分に厳しくなれない人

自分に厳しくなれない人は、フリーランスとして働いたとしても成功することはできません。

フリーランスの仕事は基本的に一人です。

そのため、自分に甘くして仕事をさぼることもできてしまいます。

しかし、フリーランスは自分に厳しく仕事を進めることができないと、フリーランスとして成功することはできません。

自分に厳しくすればするほど、仕事の出来もスピードも良い状態で進めることができます。

自分に厳しくなれない人はフリーランスとして働いても成功できないのです。

メンタルが弱い人

メンタルが弱い人は、フリーランスとして生き残っていくことは難しいでしょう。

フリーランスの仕事を進めていくうえで戦わなくてはならないのは自分です。

自分と戦っていくメンタルを維持できない人は、フリーランスの仕事を続けていくことは難しいでしょう。

メンタルがそこまで強くなく、一人でのストレスを抱えたくないという人には、フリーランスとしての生き方はおすすめしません。

そのため、フリーランスとして生き残っていけるかどうかは、自分と戦えるメンタルの強さがあるかどうかに依存するといえるのです。

健康管理がうまくできない人

フリーランスとして働いていると、自分の健康管理をうまくできない人はフリーランスとして成功することが難しいです。

一度体調を崩してしまうと、その時に受けていた仕事を完了することが難しくなります。

そしてフリーランスは、一度仕事をしくじってしまうと、それ以降の仕事に大きな影響を及ぼることになります。

そのため、フリーランスとして成功するためには、自分の健康管理をしっかりできることが重要なポイントとなるのです。

お金の管理が苦手な人

フリーランスとして働くためには、自分ですべてのお金を管理する必要があります。

会社員のように安定した収入があるわけでもなく、お金の管理はフリーランスとして生活をする方が難しくなります。

フリーランスとして会社と専属契約を結ぶことができれば話は別ですが、そのようなフリーランスは一握りです。

フリーランスのほとんどは毎月大きく変動する収入を管理し、生活していかなくてはならないのです。

そのため、浪費癖があるような人はフリーランスに向いているとはいえません。

数が増えすぎたフリーランス市場は群雄割拠の戦国時代になる

フリーランスの市場は年々拡大し、増えすぎといえるまでにフリーランスとして働く人は増えているのが現状です。

しかし、企業からの仕事依頼、すなわち供給の数は限られています。

そのため、これからもフリーランスが増え続けるとなると、フリーランス業界は実力主義の戦国時代に突入することになります。

そのような時代を生き残っていけるのは、もともとのフリーランスとしての適性がある人や、今のうちから実績や経験、信頼を得られている人たちです。

今から動き始めても遅くはありません。

これからフリーランスとして働いていくのであれば、すぐに動き始めることを意識しましょう。

関連する他の記事

コロナ禍の今がチャンス!?ITフリーランスにおすすめの求人を紹介!
新型コロナウイルスの影響で多くの企業が業績悪化の事態に陥っています。個人事業主として働くフリーラン…
フリーランスとして働くメリットとデメリットを徹底解説します
このページでは、フリーランスとして働くメリットデメリットを解説しています。自由な働き方であるフリー…
海外進出を考えるフリーランスエンジニアが実践すべき動き方
このページでは、海外進出を考えるフリーランスエンジニアが知っておくべき知識を解説しています、。フリ…
フリーランスが廃業する前に知っておくべき全知識
このページでは、フリーランスが廃業をする理由と手続き、注意点などを徹底解説しています。フリーランス…