コミュ障でもエンジニアで活躍できる方法と理由を解説!

コミュ障でもエンジニアで活躍できる方法と理由を解説!

コミュ障でも、エンジニアとして活躍することはできます。

このページでは、なぜコミュ障でもエンジニアとして活躍できるのかという理由と、活躍するためのポイントを解説しています。

エンジニアとして働きたいけど、コミュニケーションに自信が無い、という人は必見の内容です!

コミュ障でもエンジニアとして活躍できる

コミュ障でも、エンジニアとして活躍することはできます。

事実、コミュ障であってもエンジニアとしての力量を存分に発揮している人は少なくありません。

また、現在の日本ではエンジニアの数が少ないのが現状です。

そのため、エンジニアのスキルさえ持っていれば評価される風潮にあります。

働き方によってはコミュニケーションもそこまで多くないため、コミュ障でも活躍しやすいのです。

現在の日本では、コミュ障でもエンジニアとして活躍できる環境が整っているといえるのです。

コミュ障でもエンジニアとして活躍できる理由

コミュ障でもエンジニアとして活躍できる理由は3つあります。

  • 技術があれば評価される
  • 顧客と話す機会が少ない
  • 日本はエンジニアの人材不足

日本でコミュ障がエンジニアとして活躍できる背景には、エンジニアという仕事ならではのコミュニケーションの少なさや、実力主義の風潮、そしてエンジニアの人材不足が挙げられます。

ここからは、コミュ障でもエンジニアとして活躍できる3つの理由を確認していきましょう。

技術があれば評価される

エンジニア業界は、技術さえあれば評価される、いわゆる実力主義の世界です。

たとえコミュニケーションが苦手だったとしても、エンジニアとしてのスキルや実績があれば、仕事を任せてもらえるのです。

そのため、エンジニアにはコミュ障や他人と関わることを避ける人も多くいます。

しかし、そのような人でも仕事を任せてもらえるのがエンジニアという仕事の特徴です。

エンジニアとしての技術があれば評価されるという業界柄、コミュ障でも活躍できる場は多いのです。

顧客と話す機会が少ない

エンジニア職は、顧客と話す機会が少ないのが特徴の職種です。

エンジニアは専門職で、主に開発を担当します。

最初に仕様が決まっている開発であれば、顧客と話すことはほとんどありません。

エンジニアは企業でもフリーランスでも、ほとんど人と話さないことがあるというのが特徴です。

自分の仕事に没頭できるという点では、エンジニアという職がコミュ障にも向いていることがわかります。

日本はエンジニアの人材不足

現在の日本は、エンジニアの人材不足です。

ITの進化と共に需要はどんどん高まっているのにも関わらず、エンジニアの人数は増えていません。

そのため、専門的な開発をしたい企業は、とにかくエンジニアを欲しがるのです。

そのような背景もあり、現在の日本におけるエンジニアは引く手あまたなのが現状です。

エンジニアとしてのスキルさえあれば、コミュ障であろうと関係ありません。

そのため、コミュ障でもエンジニアとして活躍することができるのです。

コミュ障がエンジニアとして活躍する方法

コミュ障がエンジニアとして活躍する方法は、7つあります。

  • フリーランスエンジニアになる
  • チャットツールを利用する
  • リモートワーク可能な職場に就職する
  • 小さな自信をつけていく
  • 自分の理想のエンジニア像を演じ切る
  • 専門的な用語を使いこなせるようにする
  • 物事に優先順位をつける

コミュ障がエンジニアとして活躍する方法は、働き方によっても変わります。

また、基本的な心構えを変えたり、ツールを使ったりすることで、コミュ障であっても魅力的なエンジニアになれるでしょう。

フリーランスエンジニアになる

フリーランスエンジニアになることで、コミュ障でもエンジニアとして活躍することができるでしょう。

フリーランスは完全実力主義の世界で、仕事をすればするほど、自分の収入につながります。

そのため、フリーランスとエンジニア職は相性が良いのです。

フリーランスエンジニア案件の中には、在宅の案件も多くあります。

在宅であれば他の人と会話をすることもなく、作業に集中することが出来ます。

そのため、コミュ障のエンジニアにはフリーランスという働き方がぴったりなのです。

チャットツールを利用する

他の人との直接的な会話を避けたいのであれば、チャットツールを利用する事をおすすめします。

現在では様々なチャットツールが世に出回っているため、自分が使いやすいものを使えば良いでしょう。

また、チャットツールを利用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の仕事の妨げにならない
  • 他の人の仕事を妨げずに済む
  • コミュニケーションの内容が文章に残る
  • 意思決定までのスピードが向上する
  • 文章力が向上する

チャットツールを利用すると仕事の効率化にもつながります。

そのため、コミュ障のエンジニアは、チャットツールを利用する事をおすすめします。

リモートワーク可能な職場に就職する

リモートワークが可能な職場に就職することも、コミュ障のエンジニアにおすすめの働き方の一つです。

リモートワークが可能ということは、自宅で働くこともできます。

自宅にいれば他の人と話すこともなく、仕事を進めることができます。

そのため、フリーランス同様、リモートワークがある職場に就職するという選択肢も、コミュ障のエンジニアにはおすすめの働き方なのです。

小さな自信を身につけていく

コミュニケーションを避けるのではなく、小さな自信をコツコツと身につけていくことで、コミュニケーションに対する苦手意識を減らすという考え方もあります。

コミュニケーションが苦手な人の特徴として、自分に自信が無いことが挙げられます。

自信のなさによってコミュ障になっているのであれば、その自信を少しずつ積み重ねていきましょう。

まずは小さなところから、小さな目標を設定し、それらをクリアしていく。

ゲーム感覚で取り組んでいけば、気づけば自信をもってコミュニケーションが取れるようになっているでしょう。

自分の理想のエンジニア像を演じきる

コミュ障のエンジニアは、自分の理想のエンジニア像を演じ切ることで、マインドコントロールをすることをおすすめします。

「自分ができる人間である」ということを自分の中で強く意識することで、マインドコントロールは成功します。

自分の理想としている上司や先輩、有名人でも、その人の近づくためにはどうしたら良いかという試行錯誤をすることも、コミュ障の人には必要かもしれません。

専門的な用語を使いこなせるようにする

専門的な用語を使いこなせるようにすることも、コミュ障のエンジニアが活躍するためには必要です。

専門用語を使いこなせると、コミュニケーションにかかる時間も少なくすることができます。

短時間で質の良いコミュニケーションを取ることができるため、コミュ障の人にはメリットになるのです。

そのため、必要最低限以上の専門用語を押さえておくことで、コミュ障でもエンジニアとして活躍しやすい環境を作ることができるのです。

物事に優先順位をつける

物事に優先順位をつけることで、コミュ障がエンジニアとして活躍できるようになります。

エンジニアの職務は専門的ですが、開発によってはやるべきことも多岐にわたります。

そのため、やるべきことに優先順位をつけることで、作業を効率化するのが良いのです。

作業が効率的に進むと、進捗状況の共有などの手間も省け、結果としてコミュニケーションの削減につながります。

そのため、仕事でできるだけコミュニケーションを取ることを避けたいコミュ障のエンジニアは、自分の仕事に優先順位をつけて効率化することで、コミュニケーションの手間が省けるのです。

エンジニアにも最低限のコミュニケーションは必要

エンジニアにも、最低限のコミュニケーションは必要です。

まったくコミュニケーションを取らずに仕事を進めることはできません。

確かに、エンジニアという職業はコミュニケーションの機会が少なく、コミュ障でも働きやすい環境が整っています。

しかし。開発内容の共有や報告、連絡、相談など、いわゆる「報・連・相」は必要不可欠です。

そのため、エンジニアだからといってコミュニケーションがまったくなくなるわけではないということに注意しましょう。

コミュ障にも優秀なエンジニアはゴロゴロいる

コミュ障にも、優秀なエンジニアはゴロゴロいます。

コミュニケーションを多くとらずとも、スキルさえあれば評価されるためです。

そのため、コミュ障であったとしても、まずはエンジニアとしてのスキルや経験を積むことを優先させましょう。

また、また、企業で働くのか、フリーランスとして働くのかという点も検討することをおすすめします。

自分に合った働き方を探すことも、コミュ障のエンジニアにとっては必要な作業です。

コミュ障でもエンジニアとして活躍することはできます。

そのため、コミュ障だからといって気負いせずに、堂々とエンジニアとして力を発揮できる場所を探しましょう!

関連する他の記事

コミュ障でもエンジニアで活躍できる方法と理由を解説!
エンジニアは、コミュ障であっても十分に力を発揮できる職種です。エンジニアは人材不足であることや実力…
仕事がないフリーランスの特徴と仕事をもらうためにやるべきこと
このページでは、仕事がないフリーランスに共通する特徴を徹底解説しています。仕事がないフリーランスに…
フリーランスは増えすぎ?フリーランス戦国時代を生き残るために必要な知識
現在、日本のフリーランスは「増えすぎ」といわれるくらいに年々増え続けています。今後もフリーランスが…
インボイス制度って何?フリーランスが受ける影響と対策を徹底解説
このページでは、2023年に開始されるインボイス制度によって引き起こされる変化や、免税事業者・フリーラ…