フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットとデメリットを解説します

フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットとデメリットを解説します

最近ではフリーランスエンジニアの中でも、フルリモートという働き方が浸透してきました。

このフルリモートという働き方には、メリットとデメリットが存在します。

このページでは、フルリモートで働くことを検討しているフリーランスエンジニアが知っておくべき情報を徹底解説しています。

これを読んだうえで、フルリモートで働くか否かを考えることをおすすめします。

フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリット

ここからは、フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットを解説していきます。

  • 人間関係に起因するストレスがない
  • 時間の融通が利く
  • 育児などと両立できる
  • 家族との時間が増える
  • 私服で働ける
  • やり方次第で仕事の生産性を向上できる

フリーランスエンジニアは、フルリモートで働くことでさまざまなメリットを享受することができます。

特に、時間ができたことによるメリットが多く見受けられます。

時間が欲しくてフリーランスになった人によっては、フルリモートは非常に魅力的な働き方でしょう。

人間関係に起因するストレスがない

フルリモートで働く場合、一人で働くことが多くなります。

そのため、人間関係も必要最小限に抑えることができるのです。

仕事において、人間関係によるストレスが及ぼす影響は大きいです。

しかし、フルリモートで働くと、これらのストレスから解放されることができるのです。

人間関係で悩んでフリーランスエンジニアに転身した人にとっては、フルリモートという働き方は非常に魅力的ですね。

時間の融通が利く

フルリモートになると勤務時間に縛られることがなくなるため、時間の融通が利くようになります。

そのため、朝が弱い人はお昼から、逆に夜早く寝たいという人は朝早くから仕事をすることが可能になります。

勤務時間に縛られることなく生活リズムをカスタマイズすることができるため、人によっては精神的に楽な状態で仕事をすることができます。

時間の融通が利くという点は、フルリモートで働くうえでの大きなメリットであるといえます。

育児などと両立できる

フルリモートは常に勤務している必要がないため、育児などと両立をすることができます。

結果を出せるのであれば、子どもをあやしながら仕事をすることもできるのです。

そのため、子どもが小さくて目を離せなかったり、親の介護が必要だったりして家から出られないという人は、フルリモートで働くことをおすすめします。

家族との時間が増える

フルリモートで働くと、家族との時間を増やすことができます。

仕事が忙しく、なかなか取れていなかった時間が比較的自由に取れるようになるため、家族との関係も良好になるでしょう。

家族との時間を増やしたいという人は、フルリモートで働くことを検討してみると良いでしょう。

私服で働ける

フルリモートで働く場合は会社で働く必要がないため、私服で仕事をすることができます。

起きてすぐ、そのままの格好で仕事をすることも可能なのです。

企業に出向くとなるとどうしても服を選ばなくてはなりませんが、フルリモートではそのような悩みは必要ありません。

私服で働けるというのも、フリーランスエンジニアがフルリモートで働くうえでのメリットであるといえます。

やり方次第で仕事の生産性を向上できる

フルリモートで働く場合、やり方次第では仕事の生産性を向上することができます。

自分の慣れ親しんだ環境で仕事ができるため、人によっては短時間で高い生産性を実現することも可能です。

自分の職場(自宅)を自由にカスタマイズできるため、生産性を向上させるための環境づくりをしやすいのも、フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットのひとつです。

フリーランスエンジニアがフルリモートで働くデメリット

ここからは、フリーランスエンジニアがフルリモートで働くデメリットを解説していきます。

  • 自己管理ができないと働けない
  • 孤独になりがち
  • コミュニケーションコストがかかる
  • 仕事の出来が環境に依存する

フルリモートという働き方は良くも悪くも完全に自由です。

そのため、自分のことを管理することができ、自分で自分を律することができる人でしか、フルリモートでちゃんと働くことはできません。

そのため、フルリモートには、自由であるがゆえのデメリットがいくつかあるのです。

自己管理ができないと働けない

フルリモートで働くフリーランスエンジニアは、さまざまな自己管理ができないと働けません。

特に健康管理です。

フリーランスは一度体調を壊して仕事ができなくなってしまうと、その期間の収入が0になります。

そのため、フリーランスは常に健康管理を徹底しておかなければならないのです。

他にも、お金の管理や時間の管理などを徹底する必要があります。

各種自己管理ができない人は、フリーランスエンジニアとしてフルリモートで働くことはできないので注意しましょう。

孤独になりがち

フリーランスエンジニアがフルリモートで働くと、完全にひとりで仕事を進めることになります。

仕事中に何気ない話をすることもできないため、どうしても孤独になりがちです。

そのため、どうしても孤独に耐えられないという人には、フルリモートで働くことはおすすめできません。

あくまでずっとひとりで仕事をすることに耐えることができ、仕事に影響ができない人のみがフルリモートで満足に働くことができます。

コミュニケーションコストがかかる

フルリモートはひとりで働くことになりますが、プロジェクトに所属している場合はメンバーとのコミュニケーションを取らなくてはなりません。

いざというときにコミュニケーションをすぐに取れないのが、フルリモートのデメリットです。

軽いコミュニケーションをとるためにも電話をつなげなくてはならないため、コミュニケーションのために割かなくてはならない時間がどうしても増えてしまうのです。

結果として作業の非効率化につながる可能性もあるため、コミュニケーションが多く求められるプロジェクトなどに所属する場合は、フルリモートで働くことを諦めたほうが良いでしょう。

仕事の出来が環境に依存する

フリーランスエンジニアがフルリモートとして働く場合、仕事の出来が環境に依存しやすいこともデメリットです。

フリーランスエンジニアがフルリモートで働く場合、多くの人が自宅で仕事をすることを選ぶでしょう。

しかし、これが人によっては落とし穴なのです。

確かに自宅は過ごしやすいですが、仕事がしやすいかどうかは話が別です。

家の居心地の良さに依存し、仕事の出来が悪くなる可能性も0ではありません。

そのため、仕事の出来が環境に依存することになってしまうのです。

自宅でも集中して仕事に取り組める人でないと、フリーランスエンジニアとしてフルリモートで働くことは難しいでしょう。

フリーランスエンジニアがフルリモートで働く方法

ここからは、フリーランスエンジニアがフルリモートで働くための方法を解説していきます。

  • 相応のスキルを身につける
  • フリーランスエンジニアとしての実績を積む
  • フルリモートで働ける適性があるかを考える

これらを実践することで、はれてフルリモートで働けるようになります。

フルリモートで働くことを考えているフリーランスエンジニアの人は、まずこのチェックリストをクリアすることを最優先に考えましょう。

相応のスキルを身につける

フリーランスエンジニアとしてフルリモートで働くためには、フルリモートでも安心して任せられるようなスキルを身につけることが必要です。

また、フルリモートでも利用できるようなスキルを新しく身につけておくことも必要です。

スキルは一朝一夕で身につくものではないため、普段から意識してスキルアップをしていくと良いでしょう。

フリーランスエンジニアとしての実績を積む

安心してフルリモートでの業務を任せてもらえるような実績を作ることも、フリーランスエンジニアとして必須です。

フリーランスエンジニアにとって、実績は一番のアピール材料であり、信頼です。

仕事をしっかり完了したという実績を積み重ねないことには、フリーランスエンジニアとしてフルリモートで働くことは難しいです。

そのため、まだ実績のないフリーランスエンジニアの人は、当分フルリモートは諦めて実績を作ることを最優先に考えましょう。

フルリモートで働ける適性があるかを考える

自分にフルリモートで働ける適性があるかを考えることも重要です。

具体的には、主体的に動けるかと、自己管理を徹底できるかです。

主体的に動けない人や、自己管理が苦手という人は、フルリモートで働いても成果を挙げることが難しいです。

そのため、自分がフリーランスエンジニアとしてフルリモートで働くことに向いているのかどうかを、客観的に判断することが必要なのです。

最初からフルリモートはハードルが高い

最初からフルリモートはハードルが高い

フリーランスエンジニアとして旗揚げしてすぐにフルリモートで働くことは、現実的ではありません。

まずはコツコツと実績やスキルを積み上げていき、クライアントからの信頼を得られるようになった時に、フルリモートに移行しましょう。

また、自分がフルリモートに向いているかどうかを考えるのも必要です。

自分には向いていないと判断したら、おとなしくフルリモートは諦め、他の働き方を探りましょう。

逆にフルリモートでもいけると踏んだ人は、自己管理を徹底して、フルリモートに挑戦することをおすすめします。

コツコツと段階を踏んで、フルリモートを目指すようにしましょう。

関連する他の記事

プロジェクトマネージャーに求められるスキルは何?仕事内容を解説!
このページでは、フリーランスのプロジェクトマネージャーの仕事内容、必要なスキルについて解説していま…
コミュ障でもエンジニアで活躍できる方法と理由を解説!
エンジニアは、コミュ障であっても十分に力を発揮できる職種です。エンジニアは人材不足であることや実力…
言語別!フリーランスエンジニアの案件数ランキングと単価相場を紹介
フリーランスの案件単価相場を言語別で紹介!フリーランスとしてのキャリアや収入アップを考えた時にどの…
女性エンジニアって実際どうなの?メリットとデメリットを解説します
エンジニアという仕事は、女性にこそおすすめしたい職種です。自分にあった働き方を選ぶことができ、実力…