年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるための方法を教えます

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるための方法を教えます

フリーランスエンジニアが年収1000万を稼ぐことはできます。

しかし、フリーランスエンジニアが年収1000万を稼ぐためには、押さえておくべきポイントがいくつかあることも事実です。

このページでは、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるためのポイントを徹底解説しています。

収入アップをしたいフリーランスエンジニアの人は必見の内容です!

フリーランスエンジニアが年収1000万を稼ぐことはできる

フリーランスエンジニアが年収1000万円を稼ぐことは可能です。

フリーランスエンジニアは、月収で税込み83万5000円以上稼ぐことができれば、年収1000万を達成することができます。

実際に、年収1000万を稼いでいるフリーランスエンジニアは少なくありません。

なかでも重要なポジションを任されているフリーランスエンジニアは年収1000万を達成しやすい傾向にあります。

具体的な職種としては、

  • フロントエンジニア
  • アプリエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • 上流工程の担当
  • プロジェクトマネージャー

などが、比較的年収1000万を稼ぎやすいとされています。

フリーランスエンジニアが年収1000万を獲得するためには、できるだけ単価の高い仕事を受注することが重要です。

フリーランスエンジニアが年収1000万を稼ぐために必要なこと

ここからは、フリーランスエンジニアが年収1000万を稼ぐために必要なことを紹介していきます。

  • フリーランスエンジニアとしての十分な経験と実績を積む
  • トレンドに対応できる知識や技術を持っている
  • エンジニアとして対応できる仕事の範囲を広げる
  • コミュニケーションスキルを磨く
  • 常に売り上げを意識して仕事をする
  • 傲慢にならず、謙虚な姿勢を忘れない
  • 自分が常に最大限のパフォーマンスを発揮できる条件を知っておく
  • できるだけ残業をしない

年収1000万稼ぐフリーランスになるためには、これらのことを頭に入れて仕事をしていく必要があります。

マインドセットの仕方ひとつで年収が大きく変わるのがフリーランスの世界です。

まずは自分の考え方から変えていくことで、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアに一歩近づけるでしょう。

フリーランスエンジニアとしての十分な経験と実績を積む

大前提として、フリーランスエンジニアとしての十分な経験と実績を積むことを意識しましょう。

目安となるのは、

  • エンジニアとしての経験年数が10年以上である
  • サービス開発の経験が複数回あること
  • 大規模な開発に従事した経験があること

などが挙げられます。

これらの実績を持っていると、フリーランスエンジニアになった後もクライアントに信頼されやすくなり、高単価の仕事を任せてもらえるようになります。

新規案件を獲得した際の単価の交渉材料にもなるため、フリーランスエンジニアとしての十分な経験と実績を積むことは、年収1000万を稼ぐフリーランスエンジニアになるための必須条件なのです。

トレンドに対応できる知識や技術を持っている

高単価の案件を受注するフリーランスエンジニアになるためには、エンジニア業界の中でも貴重な存在になることが重要です。

新しい技術をいち早く習得していれば、スタートダッシュから他のフリーランスエンジニアと差をつけることができます。

先に新しい技術の経験を積んでいれば、その技術の仕事はおのずと経験のあるフリーランスエンジニアに集まってきます。

そのため、常にトレンドを押さえておき、対応できる知識や技術を持っておくことは、年収1000万のフリーランスエンジニアになるために求められる力なのです。

エンジニアとして対応できる仕事の範囲を広げる

フリーランスエンジニアとして、対応できる専門領域をできるだけ広げておくと、受注できる案件の幅も広がります。

一番得意な技術を伸ばすことはもちろん、他の技術にも幅広く精通していると、できる仕事の幅が増えるのです。

様々な技術にコミットすることができるフリーランスエンジニアが一人いれば、クライアントはそのフリーランスエンジニアと契約するだけで事足ります。

クライアントにとって貴重な存在になることができれば、単価の交渉もうまく進めやすくなります。

エンジニアとして対応できる仕事の幅を増やすことは、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるための近道であるといえるのです。

コミュニケーションスキルを磨く

フリーランスエンジニアは専門的な職種である分、クライアントとのコミュニケーションをしっかりと取る必要があります。

そのため、最低限以上のコミュニケーション能力を磨くことが重要なのです。

コミュニケーション能力があれば、仕事を円滑に進めることができるのに加え、単価の交渉をする際にも役に立ちます。

度の仕事でもコミュニケーション能力は必須ですが、なかでも年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるためには、コミュニケーション能力の向上は必要絶対条件なのです。

趣味が多いとコミュニケーション能力も上がる

趣味が多い人ほど、コミュニケーション能力が高い傾向にあります。

趣味が多い人は、比例して会話の引き出しが多いです。

そのため、幅広い話題に対応することができ、相手とも気持ちよくコミュニケーションを取ることができます。

コミュニケーションが多いと、クライアントとの関係も良好になります。

仕事以外の話でも盛り上がれると、非常に心強いです。

趣味は自分の人生を豊かにすることにもつながるため、趣味があまりないという人は、ひとつ新しい趣味を作ってみても良いかもしれません。

喫煙所にはコミュニケーションのネタがたくさん転がっている

強制すべきものではありませんが、喫煙所にはコミュニケーションのネタがたくさん転がっています。

喫煙者にとって、喫煙所は癒しを得られる場所です。

そのため、仕事中には聞けない不満や課題を聞くことができるのです。

喫煙中にぽろっと出た本音を汲み取り、プロジェクトに反映させることで、クライアントからの評価は大きく向上します。

クライアントの意図を的確に深くくみ取ることができるという印象を与えることができるため、長期的に良好な関係を築くことができるのです。

喫煙は強制すべきものではありませんが、喫煙者のフリーランスエンジニアの人は一度、クライアントと同じ喫煙所に足を運び、コミュニケーションを取ってみることをおすすめします。

常に売り上げを意識して仕事をする

常に売り上げを意識することも、年収1000万を稼ぐフリーランスエンジニアになるためには重要なポイントです。

特に意識するべきなのは、「求められている基準以上の売り上げを出すこと」です。

高い目標を自分に課し、常に売り上げを意識して仕事をすることで、結果もついてくるようになります。

売り上げという数字は、クライアントが評価しやすい一番の基準です。

クライアントから良好な評価を得るためにも、常に売り上げを意識して仕事に取り組むことは、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるために必要なのです。

傲慢にならず、謙虚な姿勢を忘れない

謙虚な姿勢を忘れないということも、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるためには重要です。

自分の意見だけでなく仕事相手の意見も尊重することで、円滑に仕事を進めることができます。

傲慢になって自分を大きく見せたところで、仕事には悪影響を及ぼすばかりです。

そのため、あくまで傲慢にならず、謙虚な姿勢を忘れないことが重要なのです。

年収1000万を稼ぐフリーランスは、謙虚な姿勢を忘れずに仕事をしています。

年収1000万稼ぐことを目指すフリーランスエンジニアの人は、まず自分の態度を客観的に分析することをおすすめします。

自分が常に最大限のパフォーマンスを発揮できる条件を知っておく

自分が常に最大限のパフォーマンスを発揮できる条件、いわゆる自分の「覚醒条件」を知っておくことも、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるためには必要です。

高単価の案件をもらい続けるためには、クライアントの満足する仕事をし続けなくてはなりません。

フリーランスエンジニアは会社が守ってくれるわけではありません。

自分の生活を守るためには、常に高いパフォーマンスを発揮し続けなくてはならないのです。

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアのほとんどは、自分が最大限のパフォーマンスを発揮できる覚醒条件を心得ています。

人によって条件はそれぞれですが、自分なりの覚醒条件を心得ておくことが、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるための近道なのです。

できるだけ残業をしない

できるだけ残業をしないことも、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになるためには必要です。

フリーランスエンジニアにとって、残業することは生産性を下げることにつながります。

そのため、稼いでいるフリーランスは生産性向上のために、残業をあまりしないのです。

限られた時間の中に自分を置くことで、生産性と仕事の質を上げ、クライアントからの評価を得ることができます。

年収1000万稼いでいるフリーランスエンジニアは、成果を最大限まで引き延ばすために残業をしないということを頭に入れておきましょう。

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアは税金に注意

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアは、税金対策を講じる必要があります。

1000万も稼ぐと、相応の税金を支払わなくてはなりません。

税金の手続きが漏れてしまうと、脱税になります。

脱税で罰せられるリスクを避けるためにも、1000万稼ぐフリーランスエンジニアは税金の対策をしっかりしておく必要があるのです。

  • 領収書は定期的に管理しておくこと
  • 家事按分を経費に計上すること
  • ふるさと納税を利用すること

ここからは、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアが税金で損をしないための方法を解説していきます。

領収書は定期的に管理しておくこと

クライアントとの会食の際の費用や、打ち合わせの際のコーヒー代に至るまで、もれなく領収書を保管しておくようにしましょう。

一回の費用は少ないかもしれませんが、塵も積もれば山となります。

業務をするにあたって発生した費用をすべてもれなく経費として計上することで、支払わなくてはならない税金の金額を押さえることができるのです。

日々の積み重ねが、結果として自分を助けることになります。

家事按分を経費に計上すること

家事按分とは、自宅で作業をしているフリーランスエンジニアが、業務の際に利用した光熱費や水道代、通信費の一部を経費として計上することです。

事務所を借りていない場合でも、自宅をオフィスとすることで、家事按分を経費として計上することができます。

これは自宅に限らず、コワーキングスペースを利用した場合も同じです。

しかし、ワークスペースによって経費として計上できる割合が違うため、事前に確認しておくことをおすすめします。

ふるさと納税を利用すること

ふるさと納税を利用して地方自治体に寄付をすると、税金の控除を受けることができます。

大きく税金の支払い額を抑えられるものではないものの、寄付した地方自治体からの返礼品を受け取ることが可能です。

食材などを選んで返礼品を受け取れば、食費をある程度浮かせることもできます。

結果として生活コストを下げることになるため、ふるさと納税はあなどれません。

うまく利用すれば税金対策に使えるため、年収1000万を稼ぐフリーランスエンジニアを目指す人はぜひ活用しましょう。

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになることは可能

年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアになることはできます。

しかし、そのためには自分の性格を見つめなおし、仕事に対するスタンスを見直す必要があります。

このページでお伝えしたポイントを実践し、時間と実績を重ねていくことで、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアに近づくことができます。

最初は苦しいかもしれませんが、そこは耐えて、年収1000万稼ぐフリーランスエンジニアを目指しましょう。

関連する他の記事

女性エンジニアって実際どうなの?メリットとデメリットを解説します
エンジニアという仕事は、女性にこそおすすめしたい職種です。自分にあった働き方を選ぶことができ、実力…
フリーランスになるにはどうしたらいい?必要な準備を徹底解説
このページでは、フリーランスになるために必要な準備について解説しています。フリーランスになるために…
フリーランスは生活できない?リアルな理由と対策を徹底解説
このページでは、世間的にフリーランスが生活できないといわれている理由を解説しています。フリーランス…
フリーランスと派遣の違いは何?6つの違いを解説
このページでは、フリーランスと派遣の違いを徹底解説しています。自分に合った働き方がどちらなのかを知…