フリーランスは生活できない?リアルな理由と対策を徹底解説

フリーランスは生活できない?リアルな理由と対策を徹底解説

フリーランスが生活できないといわれるのには理由があります。

まだまだフリーランスの社会的地位が低いことに起因する原因や、自由な働き方であるが故の原因など、多岐にわたるものです。

このページでは、フリーランスが生活できないと思われる理由と、生活できないフリーランスにならないための方法を解説しています。

フリーランスとして開業をしたものの、仕事がないという人や、フリーランスになろうか迷っているけど不安だという人は必見の内容です!

フリーランスが生活できないと思われている理由

ここからは、フリーランスが生活できないと思われている理由を解説していきます。

  • 案件を探すのが難しい
  • 仕事の単価が低いイメージがある
  • 常にスキルアップを求められる

フリーランスは仕事と生活に関するすべてを、自分で世話しなくてはならない働き方です。

自由な働き方と引き換えに、仕事以外の手間が増えることになります。

フリーランスが生活できないと思われている大きな理由はこのポイントにあるのです。

自分から仕事を探しに行く必要があるのにも関わらず、いまだに単価の低い仕事が多いのも事実です。

そのため、フリーランスは常にスキルアップすることを求められます。

ここで紹介する3つの理由を解消できないと、フリーランスとして生活できない可能性が高いといえます。

案件を探すのが難しい

フリーランスとして働くのであれば、継続的に仕事の案件に関わっていく必要があります。

会社員であれば、会社から仕事をもらうことができ、給与を受け取ることができます。

しかし、フリーランスはそういきません。

フリーランスが十分に収入を得るためには、長期的かつ継続的に案件に関わっていかなくてはならないのです。

日本において、フリーランスという働き方はまだメジャーではないため、案件探しに苦労するのも事実です。

そのため、案件探しの難しさこそが、フリーランスが生活できないと思われている理由のひとつなのです。

仕事の単価が低いイメージがある

社会的にフリーランスの仕事の単価は、まだまだ低いイメージが染みついています。

最近ではフリーランスとして働く人の数も急激に増えたため、仕事の単価が下がっているのは事実です。

仕事の単価が下がると、それまで通りの収入を得るためには数倍の仕事量をこなさなくてはなりません。

フリーランスの急速な増加こそが、フリーランス全体の仕事の単価が下がることに繋がっているのです。

フリーランスの仕事の単価が低いのは単なるイメージではなく、現実でもあるのです。

ここから先、フリーランスという働き方をメジャーにしていくためには、仕事の単価を上げていかなくてはならないでしょう。

常にスキルアップを求められる

フリーランスは自由ですが、常にスキルアップを求められる働き方です。

特に単価の高い案件に関わるためには、相応の高いスキルが求められます。

常に自分自身のスキルアップのための努力ができないという人は、残念ながらフリーランスという働き方は向いていません。

会社員は、会社が開催するセミナーや研修に参加することでスキルアップを望めます。

しかしフリーランスにはそのようなスキルアップの場は用意されていません。

資格を取る、新しい技術を習得するなど、会社員と比べてより自主的にスキルアップのための努力をしなければなりません。

少しでも怠ってしまうと高い単価の案件にありつくことはできないため、フリーランスが生活できないと思われている理由の一つであると考えられるのです。

生活できないフリーランスにならないために必要なこと

ここからは、生活できないフリーランスにならないために必要なことを解説していきます。

  • 自分の性格を熟知する
  • 自分の持っているスキルを整理する
  • フリーランスとしての今後のビジョンを明確にしておく
  • 生活における自己管理は必須
  • 営業活動をしないとフリーランスは生活できない
  • 能動的にスキルアップをしないとフリーランスは生活できない
  • 金銭管理は絶対条件
  • クライアントの質を重視する
  • ワークライフバランスをしっかり保つ

生活できないフリーランスにならないためには、フリーランスとしての魅力を高めたり、フリーランスとしての自分自身をクライアントにうまく売り込んだりする必要があります。

ここで挙げた必要なポイントを意識して仕事をしないと、いつまでたっても生活できないフリーランスのままです。

フリーランスとして生活していくためには自己管理をしっかりし、クライアントへの営業をしっかりすることをおすすめします。

自分の性格を熟知する

自分の性格を熟知することは、フリーランスとして生活していくうえでのリスク回避につながります。

フリーランスとして生きていくためには、常に前向きな気持ちでいなくてはいけません。

つまり、マインドセットが重要なのです。

フリーランスとして働く前から前向きな思考を持っている人は何の問題もありませんが、世の中そんな人だけではありません。

ネガティブに考えがちの人も少なからずいます。

そんな人は、まず自分の生活を熟知し、根本的な性格を変えると良いでしょう。

ポジティブな思考は、仕事の成果にも直結します。

そのため、生活できないフリーランスから脱却するためには、自分の性格を熟知することが必要なのです。

自分の持っているスキルを整理する

フリーランスとして生活していくのであれば、まずは自分の持っているスキルを整理しましょう。

自分の持っているスキルを整理することで、これから先延ばしていくべきスキルがはっきりします。

また、すでに持っているスキルを事前に試しておくことも重要です。

自分に向いている案件を探しやすくなり、ひいてはフリーランスとしての自分の自信につながります。

だれもが、何かしらのスキルを持っています。

小さなものだったとしてもリストアップすることで、フリーランスとして生活できる可能性が少しずつ高まるのです。

フリーランスとしての今後のビジョンを明確にしておく

フリーランスになってからやりたいことや、どんな生活を送りたいのかなど、フリーランスとしての今後のビジョンを明確にしておくことは重要なポイントです。

フリーランスとして生活することは、決して簡単なことではありません。

収入が安定せず、金銭的に厳しいこともあります。

そんな時にビジョンがしっかりしていないと、何のためにフリーランスとして働いているのかがわからなくなってしまいます。

それを防ぐために、フリーランスとしての今後のビジョンを明確にしておくことが重要なのです。

後ろ向きな思考にならないためにも、フリーランスとしての今後のビジョンは明確にしておくようにしましょう。

ビジョンがあるフリーランスとビジョンを持たないフリーランスとでは、仕事のパフォーマンスも大きく変わってくるので、ビジョンの設定は非常に効果的です。

生活における自己管理は必須

フリーランスとして、生活における自己管理は必須です。

特にフリーランスが注意していく必要があるのが、体調管理です。

体調管理がしっかりできない人は、フリーランスとして生活していくことは難しいでしょう。

フリーランスには有給休暇がないため、体調を崩して仕事ができないとなると、その間の収入は0になります。

言い換えれば、体調を崩したとしても、守ってくれる会社はいないのです。

そのため、フリーランスとして安定して継続的な収入を得ていくためには、常に健康で仕事ができる状態でいる必要があるのです。

生活できないフリーランスにならないためには、生活における自己管理が絶対的に必要であるといえます。

営業活動をしないとフリーランスは生活できない

フリーランスとして生活するためには、自分から営業活動をしていく必要があります。

営業先はフリーランスになる以前に親交のあった取引先などが主です。

クライアントから案件をもらうことを待っていても、案件が来る可能性は低いです。

そのため、フリーランスとして働く方からクライアントにアプローチし、仕事をもらわなくてはなりません。

営業には向き不向きが大きく見られますが、フリーランスとして生活していくためにはやらざるをえません。

クライアントへの営業をするにあたっては、タイミングを計ることも重要です。

仕事が重なりすぎて同時期に手を付けられなかったり、営業をしばらくせずに仕事がない空白の期間を作ってしまったりしないように気を付けなくてはなりません。

クライアントの都合と自分の都合をうまく合わせて営業活動をする必要があります。

人によっては苦手意識を持つかもしれませんが、やらないと生活できないフリーランスになってしまいます。

仕事をもらうためにも、意識の部分から変えていくようにしましょう。

営業が苦手ならエージェントを利用する

どうしても営業活動が苦手、というフリーランスの人は、エージェントを利用することをおすすめします。

エージェントとは、フリーランスとクライアントの間に入り、案件を仲介してくれるサービスです。

並行してクライアントへの営業活動もおこなってくれるため、自分からクライアントに営業を掛ける必要はありません。

個人で営業をしていてはありつけない高単価の案件にアプローチすることもできるため、多少のお金を使ってもエージェントを利用する価値はあります。

また、エージェントによっては各種事務手続きまで代行してくれるところもあります。

フリーランスとして働くうえでの負担が減るということを考えれば、エージェントの利用は大いにおすすめです。

能動的にスキルアップをしないと生活できない

フリーランスは、能動的にスキルアップしていかないと生活できません。

スキルアップは収入アップに直結します。

そのため、生活するための収入をフリーランスとして得るためには、自分から主体的にスキルアップをしていかなくてはならないのです。

スキルアップの方法はさまざまです。

  • 今あるスキルで実績を作る
  • 新しいプログラミング言語を習得する
  • ライティングできるジャンルを増やす

クライアントから見て魅力的に見えるフリーランスになるためには、自分自身のスキルアップが必要絶対条件です。

仕事をもらえずに空白の時間ができてしまったら、腐らずに自分のスキルに磨きをかけるようにしましょう。

特定のスキルを持っているフリーランスは強い

特定のスキルを持っているフリーランスは、クライアントから見ても魅力的です。

可視化できる強みのスキルをひとつ持っているだけで、そのスキルに付随する仕事はどんどん回ってきます。

また、一度クライアントから仕事を受注すると、そのクライアントからの信用も獲得することになります。

長期的な付き合いにもつながっていく可能性があるため、何かひとつでも、売り込める特定のスキルを持つことをおすすめします。

かといって、いきなり畑違いのスキルを習得しろというわけではありません。

あくまで自分の職種の中で、特定のスキルを身につけることに注力しましょう。

金銭管理は絶対条件

フリーランスとして生活していくのであれば、金銭面の管理はきっちりしなくてはなりません。

フリーランスになると、それまで会社がやってくれていた手続きや支払いを自分でやることになります。

自分でやらなくてはならない手続きは多岐にわたります。

  • 確定申告
  • 健康保険
  • 年金
  • 社会保険料

これらの支払いに充てるお金も、自分の収入の中から拠出しなくてはなりません。

そのため、それまで自由に使えていたお金も、プライベート用とビジネス用に分けなくてはならないのです。

金銭管理は苦手な人が多いものですが、生活できないフリーランスにならないためには、厳格な金銭管理が絶対条件であるといえます。

クライアントの質を重視する

フリーランスは仕事をしてなによりの世界ではありますが、仕事を受けるクライアントの質は重視するようにしましょう。

クライアントによっては、フリーランスを安く使いたいという会社も少なくありません。

低価格の案件をいくらやっても、フリーランスとしては生活できません。

そのため、あくまで自分のスキルに見合った報酬を提示してくれるクライアントと付き合うようにしましょう。

クライアントや、案件の単価を見て仕事を断ることも可能です。

フリーランスとクライアントは対等な関係にあるため、腰を低くして対応する必要はありません。

自分の提示した条件に理解を示してくれないようなクライアントであれば、案件を断ることも考えるようにしましょう。

ワークライフバランスをしっかり保つ

自宅で働くタイプのフリーランスは、ワークライフバランスをうまく保てない可能性があります。

そのため、在宅で仕事をするフリーランスの人は、意識して仕事とプライベートを分けるようにしましょう。

ワークライフバランスをしっかり保つためには、規則正しい生活を送ることが重要です。

規則正しい生活の中で、その日のスケジュールをしっかり立てておけば、ワークライフバランスが崩れることはありません。

生活できないフリーランスにならないためにも、ワークライフバランスは特に意識して生活するようにしましょう。

自力で生活できるフリーランスになろう

生活できないフリーランスになる原因は、だいたい決まっています。

フリーランスとして生活していくのであれば、まずは生活できないと思われる原因を解消するところから始めましょう。

なかには日々意識をするだけで実行できるものもあります。

フリーランスという働き方は、良くも悪くも自分次第です。

自ら魅力的なフリーランスになるためにも、研鑽を怠らないようにしましょう!

関連する他の記事

在宅フリーランスエンジニアが案件を獲得するために知っておくべき知識を紹介します
自由な働き方を実現できるフリーランスの中でも、在宅勤務ができるフリーランスエンジニアは、特に自由で…
フリーランスと業務委託の違いって何?根本的な違いを解説します
このページでは、フリーランスと業務委託の違いを解説しています。フリーランスと業務委託は同一視されが…
海外進出を考えるフリーランスエンジニアが実践すべき動き方
このページでは、海外進出を考えるフリーランスエンジニアが知っておくべき知識を解説しています、。フリ…
フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットとデメリットを解説します
最近ではフリーランスエンジニアの中でも、フルリモートという働き方が浸透してきました。このフルリモー…