joBeetのマージンは?メリット・デメリット解説

joBeetのマージンは?メリット・デメリット解説
フリーランスエンジニア向けの高単価IT案件検索サイトjoBeetの気になるマージン率と、メリット・デメリットを徹底解説していきます。

joBeetのマージン率は?

フリーランスエンジニアとして働く上で気になるのはマージン率です。

フリーランスで働くからには収入は誰しも上げたいですよね。

収入を上げるには低マージンのエージェントに出会うことが最重要事項とも言えるでしょう。

さて、joBeetのマージン率はどのくらいなのでしょうか?

joBeetのマージン率は一律10%

一般的な案件紹介サイトの場合、エンジニアとエンド企業の間に多くの案件紹介企業が挟まり、その分だけ仲介手数料(マージン)が取られます。

しかし、joBeetはエンジニアとエンド企業を直接繋ぐため、何度も積み重ねて仲介手数料を取られるということがありません。

そのため、マージン率は一律で10%という低い数字を実現しているのです。

joBeetは業界最安のマージン

案件紹介サイトの中にはマージン率を公開していないサイトも多く見受けられます。

その点マージン率を公開しているjoBeetは信頼のできるサイトと言えるでしょう。

また、joBeetのマージン率はマージン率の相場である15~20%という数字を遥かに下回り、業界最安を誇っています。

検索サイトで気をつけること

前にも書いたように、マージン率を公開していないサイトには十分気をつける必要があります。

もしかすると、とても高いマージン率かもしれません。

また、そのサイトが直接エンジニアとエンド企業を繋いでいるかもしっかりとチェックするべきです。

エンジニアとエンド企業の間に案件紹介企業を挟めば挟むほどマージンは上がっていってしまいます。

その他にも、サイトの報酬の表記の仕方が魅力的に見えるように最高金額を表記しているサイトにも気をつける必要があります。

その点、joBeetでは保証できる最低報酬額で案件を検索できるため安心して案件を探すことができます。

joBeetのメリットは?

ここまでjoBeetのマージン率について解説してきました。

ここからはjooBeetのメリットについて解説していきたいと思います。

CTO直請け

joBeetは最高技術責任者であるCTOから直接案件の依頼を受けるため、たくさんの情報を発信することができます。

エンジニアが本当に働きたいと感じる職場を紹介することができます。

そのため非常に高いマッチング率を誇っています。

キャリアカウンセリングの充実

joBeetは営業のスペシャリストが自分の希望する働き方に合った職場を紹介してくれます。

自分のキャリアビジョンやライフプランに合った職場について親身に相談できる人がいるというのはjoBeetの醍醐味と言っても過言では無いでしょう。

キャリアカウンセリングにより参画後のギャップも少なくて済むでしょう。

参画後も定期的なエンド企業の訪問によりエンジニアをサポートしてくれます。

参画後までサポートしてくれるのはとても心強いですよね。

エンド企業とのトラブルがあった際も仲介してくれるので安心して仕事をすることができます。

エンド直案件の充実

loBeetを運営する株式会社フォメトは本来エンジニアを抱えるIT企業のため、IT業界に独自の幅広い人脈を持っています。

この人脈と圧倒的な営業力によりjoBeetはエンジニアとエンド企業を直接繋ぐ案件が充実しています。

の保有案件の90%がエンド直案件です。

このことにより、エントリーからの顔合わせから契約までの対応が早く、意思疎通が円滑にできるのが特徴です。

そしてこのことが業界最安の10%という低マージンを実現させているのです。

エンジニアとエンド企業の間に数社の案件紹介企業を挟んでいないため、意見の行き違いや連絡が遅いという問題が発生しません。

joBeetのデメリットは?

次にjooBeetのデメリットについて解説していきたいと思います。

首都圏での案件が多い

求人のエリアが東京・神奈川・千葉・埼玉のみのため、地方で仕事を探したいと考えている人には不向きです。

東京都内の高単価案件が多数掲載されているため、逆に言えば東京都内での案件を探しているエンジニアにはもってこいのサイトです。

案件数が少ない

エンド直案件に絞っているため、他のフリーランスエンジニア向けのIT案件検索サイトに比べると案件数が少ないです。

とにかく多くの案件の中から探したいという人には向かないかもしれません。

まとめ

最後にjoBeetの「マージン率」「メリット」「デメリット」をまとめます。

マージン率は業界最安の一律10%です。

そして、メリットはCTO直請け、キャリアカウンセリングの充実、エンド直案件の充実という3点でした。

デメリットは地方での仕事がない、案件数が少ないという2点でした。

joBeetは都内で高単価の案件を探している人、エンド直案件を探している人、スピーディな対応を求め早く働きたい人には最適の案件検索サイトです。

このような人は是非登録してみて下さい。

関連する他の記事

フリーランスエンジニアが払わなければいけない税金の種類とは
フリーランスのエンジニアが払わなければならない税金はいくつかの種類があります。また、それぞれの税金…
言語別!フリーランスエンジニアの案件数ランキングと単価相場を紹介
フリーランスの案件単価相場を言語別で紹介!フリーランスとしてのキャリアや収入アップを考えた時にどの…
フリーランスエンジニアはどこまで経費にできる?一覧で紹介
フリーランスエンジニアの方が経費に計上できる費用について具体的に説明しています。
joBeetのマージンは?メリット・デメリット解説
フリーランスエンジニア向けの高単価IT案件検索サイトjoBeetの気になるマージン率と、メリット・デメリッ…