JavaScriptの需要はどれくらいあるの?これからの動向は?

JavaScriptの需要はどれくらいあるの?これからの動向は?

汎用的に使われているプログラミング言語のJavaScriptですが、新しいプログラミング言語が登場してきている中、これからのJavaScriptの需要や将来性はどうなっていくのかを案件探しやJavaScriptを習得しようとしている方向けに、徹底的に解説していきたいと思います。


JavaScriptは、たくさんのWEBサービスや、ゲーム・アプリ開発などに活用されているプログラミング言語ですが、IoTや新素材の需要が高まっている昨今、JavaScriptの気になるニーズについて詳しく見ていきましょう。

JavaScriptの需要は高いの?

さっそく、JavaScriptの需要について見ていきましょう。

どのような需要があるのか、しっかりチェックしてくださいね!


JavaScriptの需要と今

結論から言うと、JavaScriptの需要は今現在しっかりとあります。

主にどのようなことに使われているのか見ていきましょう。

  • WEBサイトにおけるユーザビリティの向上
  • JavaScriptは、CSSやHTMLだけでは実装することが難しい、動的なアニメーションや特殊効果のような機能をつけることなど、ユーザーの閲覧や使用しやすさを高めるユーザビリティの高いWEBサイトを作ることに利用されています。

    いまや、アニメーションがついているWEBサイトは主流となっていますのでJavaScriptの需要は高まっています。

  • スマートフォンのアプリ開発
  • スマートフォンのアプリは動作する環境や使用されているデバイスによって、用いられるプログラミング言語は異なっています。

    しかし、JavaScriptはその環境・プイラットフォームを選ばずに、使用することが可能なプログラミング言語です。

    なので、少ない工数で効率的に開発が進められるのでスマートフォンのアプリ市場での需要も高まってきています。

  • WEBアプリケーション開発
  • JavaScriptはWEBアプリケーションの開発にも多く利用されています。

    サーバーサイドにもフロントエンドにも活用することができ、RubyやPHPとの併用もできます。

    やはり、ほかのプログラミング言語と併用できる点が支持されている大きな要因とされています。


他にも、JavaScriptの機能を使い、WEBサイトやアプリケーションを作る技術を応用して、ゲームの開発もすることができます。

幅広く利用できる点も人気の理由としてあげられます。

ここまで見てもわかるように、JavaScriptの需要は高まりつつあるのが明確にわかりますね。


→Java Script案件検索はこちらから

JavaScriptの需要がこれからも続いていくと考えられる理由とは?

JavaScriptの需要は高まりつつあることがわかりました。では、なぜこれからも続いていくと言われているのでしょうか。


ここでは、これからも続いていくとされる理由を詳しく見ていきましょう


JavaScriptがすでに使われている案件が多くある

JavaScriptは、汎用的に多く使われているプログラミング言語なので、すでに多くのWEBサイトやアプリケーションに使用されています。


なので、JavaScriptを使って構築されているものは、改善や改修にもJavaScriptを使うことが多いので必然的に使われる機会も多いです。


WEB系のフロント開発で世界的にも使われている

JavaScriptは、世界標準的な立ち位置にいます。使い方の幅も効くので、汎用性の高いことも要因となり、世界標準と言われるのでしょう。


あらゆるアプリケーションに使われている

JavaScriptはあらゆるアプリケーションにも用いられています。

ほかのプログラミング言語とも併用することができ、使い勝手が良いプログラミング言語です。


また、多くの既存のサービス、WEBサイトやアプリケーションにもJavaScriptは組み込まれていて、開発にとどまらず、改修にも広く使われます。


JavaScriptはさまざまなものに使われていることが分かりました。


まだまだこれからも需要が高いプログラミング言語で、世界的にもポピュラーであることにも納得です。

JavaScriptの将来性は?

JavaScriptのこれからの需要を見る限り、将来的にもなくなるということはないでしょう。


JavaScriptは、ほかのプログラミング言語を使う際にも併用されることが多いものなので、基礎知識としても勉強しておいて損することはなく、自分のスキルとして持っておくと良いと思います。


JavaScriptは、Netflixなどの有名な企業も多く採用していることもあり、今後も更に需要は増え続けること間違いなしです。

まとめ

今回は、JavaScriptのこれからの需要と将来性にフォーカスしました。


JavaScriptは求人・案件も多いので、今後も市場のニーズは高まってくるものと言えます。


JavaScriptは絶対に学んでおいて損することはないプログラミング言語です。JavaScriptの知識やスキルをつけることでWEB業界での仕事の幅も広がり、活躍する機会が確実に増えていくでしょう。


この機会に、JavaScriptの習得をしてみてはいかがでしょうか。


→Java Script案件検索はこちらから

関連する他の記事

フリーランスが屋号を決める6つのメリットと注意点を解説します
このページでは、フリーランスが屋号を決めるメリットと注意点について解説しています。屋号は、法人化し…
フリーランスエンジニアがフルリモートで働くメリットとデメリットを解説します
最近ではフリーランスエンジニアの中でも、フルリモートという働き方が浸透してきました。このフルリモー…
フリーランスになるにはどうしたらいい?必要な準備を徹底解説
このページでは、フリーランスになるために必要な準備について解説しています。フリーランスになるために…
コロナ禍の今がチャンス!?ITフリーランスにおすすめの求人を紹介!
新型コロナウイルスの影響で多くの企業が業績悪化の事態に陥っています。個人事業主として働くフリーラン…